2021年11月24日水曜日

娘達はクリスマスには帰ってこないとのこと

だそうです。というか、そういう風に決めてもらいました。

そもそもこの新型コロナ対策で変則的な国内での過ごし方を送らなければならない時期に、日本に三週間ほど帰ってきたところで「自由に過ごせる時間」というものが極端に短くなってしまうことを考えると往復にかける時間とお金にかなり無駄が出るという結論に我々夫婦の方で達しましたので、それを次女に送りました。

基本的にこの帰国のことを切り出すことが多いのは次女なんですが、その根幹には「動物達に会うため」という理由があります。とは言えこの前アメリカに一旦戻って実技を含む勉強や新しい追加のバイトを再開し始めたばかりですから、そんなに頻繁に戻ってきて金と時間を浪費するなと暗にsuggestしました。

そこで登場するのがRichmondに住む長女で、嫁さんが彼女に対してクリスマスの過ごし方を尋ねた所、友達といつものように楽しく静かに過ごすようなので、そこに次女を向かわせて寂しくなりがちなクリスマスを一緒に過ごすことを提案したところ、(嫁さんによれば)比較的すぐにその案を受け容れてくれたようです。

代わりに帰国しない次女から提案されたのは会ってやれない犬と猫のために「十分に散歩や美味しいものを食べさせてやってね」というものでしたが、その程度のことはお安い御用です。ただし、猫の方は糖尿病に対するインシュリン治療の真っ最中ですので、そうそう贅沢なものを食べさせることはできませんが。(現在、以前このブログに書いたように猫のインシュリン治療をしていますが、実は大変良好なコントロールを得ていて今現在では頻尿も消失、かつインシュリンの使用量も最低使用単位の0.5Uになっています!もしかすると更に使用量が減る可能性も!?)

アメリカでのクリスマスの様子はまた娘達が写真を沢山送ってくれることでしょう。

何れにしても毎年毎年我々家族のクリスマスの過ごし方というものが変わっています。一体来年の今頃は・・・等という事を話すと鬼に笑われますな。w

  

0 件のコメント: