2022年6月28日火曜日

薬のジェネリック推進は患者さんにとっては災害

厚労省、延いては国の医療費削減の一環としてジェネリック使用の推進が叫ばれて久しくなりました。

しかし、ここ数年の惨憺たる日本の製薬業界のぶっ壊れ方は本当に世紀末状態です。医療現場では「あの薬が手に入らない」「この薬が消えた」「この薬はAという会社のジェネリックからからBと言う会社のジェネリックに変わりました」「Xという以前消えた薬がやっと戻ってきました」というような話が日常茶飯事。

効きが悪いけど、availableな薬を患者さんに謝りながら使うと言う日常は医者としてはもう勘弁してほしいです。

ジェネリックの群(むれ)も名前をへんてこりんに変えてはいますが、何とか「オリジナルの薬」の名前を類推することが出来るようなネーミングをしたりして何とか医者にとって出し易いジェネリックにしようとしています。しかし、そんな事は患者さんにとってはどうでもいい事。効果が確かであればまだ良いのですが、そもそもこの1、2年で明らかになったのは製造手順が基準に合致していない工程で作られていたり、成分を間違えて造っていたりということが明らかになってしまって次々に製造中止や休止に追い込まれてその度に我々使用者側は「アレが消えた、コレが消えた」と困っていた訳です。

その挙げ句にこのウクライナ侵略での種々の化学物質の値上げで、原材料も高騰しているのに薬価は1点10円のままですから、製薬会社もしくは医療機関、患者さんの何れかがその高騰分を吸収しないといけないわけですけれど、恐らく大きく割りを食うのは医療機関。ただでさえジリ貧の収益体質はかなりダメージを受けることになるでしょう。特に次の消費税増税では大ダメージに磨きがかかるはず。

昭和の昔の日本医師会だったら武見太郎のような異形の人物が大喧嘩してでも病院の収益を確保できるような調整をしたのでしょうが、今の時代日本医師会なんて言うのは何のまとまりもないほとんど発言権が消えた組織ですので、病院というものはこれからもっと先細りになっていくでしょう。まあ、私にとってはどうでもいいことですが。

ただ、患者さんには厚労省と国が声を合わせてすすめていたジェネリック政策が既に破綻していることを認めるべき時期に来たということをはっきりと言うべき。製薬会社も医療機関も立ち行かず、儲けているのはドラッグストアばっかりではまさに薬局による中間搾取と言うべき世界で、患者にとっては何のメリットもありません。

以前も書いたように既にジェネリックの製薬会社は事業譲渡や廃業を行っています。合従連衡は製薬業界の常ですが、日本の場合は縮小のサイクルが顕著。そもそも既に儲けなどあってなきが如し状況です。この分野もまた国外の製薬会社に買い取られた挙げ句、最後は発言権もない奴隷になるんですかね。

日本の行政というのはずっと民間の優秀さに胡座をかいてきましたが、そろそろ「邪魔」だけは止めないと本当に日本のいろんな「優れもの」が消えていくよ?糞のような許認可行政ももっと頭の良い人間を高いカネ払って任せれば良いんだろうけど、そんな事は起きませんか。まあ、最近はただでさえキャリア官僚なんて人気が無い事「周知の如し」ですから、更に質は落ちていくんでしょうが。

明るい未来を志向する人間の多くが学問のエリアでも産業のエリアでも最終的に日本を出ていくのは尤もだよ~と思うのは俺だけではないはずです。

 

2022年6月27日月曜日

ロシアに勝ちはないなと「改めて」思ったわけ

例えロシアが一時的にウクライナ東部を占領しても、下のような事が本当だとしたらもうロシアの勝利にはないでしょう。


要するに高卒の人間をすぐに3ヶ月の兵役訓練期間を経ずに志願兵として採用出来るとなると直ぐに前線へ突っ込むことが出来る様になる訳です。これは、結局のところ太平洋戦争で敗色が濃くなってきた旧日本軍が始めた「学徒動員」そのもの。

ヒトを、モノを、カネを無限に消費し続けるのが戦争の本質。先に白旗を上げざるを得なくなったほうが負けるわけですが、モノは既にどちらもヤバいものの、ウクライナ側はなんのかんの言ったところで恐らくは西側から継続的に武器の供与を受け続けるでしょうし、お金は取り敢えず西側がずっと出し続けるでしょう。ロシア側も少なくとも資源の高騰に伴う利益を(discount priceで売らざるを得ないとは言え)西側の資源制限に乗らない国々に売り続けることで継続的に儲けるでしょうから、ドル決済の裏口ルートも完全に閉じられた訳では無いでしょう。

しかし、戦争を助けるようなありとあらゆる「役に立つ」モノをロシアに売ることが出来ない国々が敵対国側に勢揃いしている上に、産業の米たる半導体も手に入れることが出来なければ現代的な動くものは一切作れないわけで、第二次世界大戦の時のようにモノとしての鉄と火薬と食料があれば戦争に勝てるわけではありません。

しかも、今日のブログの一番最初に登場したように「ヒト」はウクライナもロシアも徹底的に消費しあう訳ですが、何の大義もない侵略戦争で何でリクルートされてまで薄給で犬死にしなければならんのかという話。そもそもロシアでは18歳から27歳の男性が春と秋に2回の徴兵を受けるとのことですが、本来彼らは最前線の戦闘には送られない筈の要員。しかし、この約束は現在では実質的に反古になっているといいます。そういう約束破りの手段を用いてさえも未だ人員補充ができずに学徒動員をやらかそうとするわけですから、先は暗いのです。真っ暗。長引けば長引くほど、国民の"ある年齢幅"全員の強制徴集となっているウクライナとはなかなかマッチしないと思います。

しかも、ウクライナ側兵士とはモチベーションが大きく異なると思うのです。戦争疲れの中、両国ともどれだけ殴り合いを続けられるのかは、結局持っている(供与されたモノを動かし続ける人間の数Xモチベーション)の総量の差が決めることとなるのでしょうね。

80年ほど前に学徒動員をしていたどこかの小さな島国の愚かな軍隊が、未来の有為の人材を消費しながら最後まで抵抗を続けて雲散霧消。文字通り完膚無きまでに叩きのめされてしまった歴史を思い出さざるを得ないのでした。

 

2022年6月26日日曜日

やらかしてるな~。w

私の住む名古屋市名東区がやらかしてくれました。

いまいち全体像がハッキリしないのですが、どうにも役人さんの紋切り型の対応がニュースになってしまいました。介護を理由に選挙投票日当日には投票ができないと言う67歳の男性に対して、書面上準備された理由に該当する項目がないということで、「宣誓書に回答する選択肢がない」と繰り返して仕方なく男性は家に帰ってしまったとのこと。

何だかネガティブなニュースで我が名東区が全国ニュースになってしまったのをネットで見ると悲しくなってしまいます。なんでこんな事になってしまったんでしょうか・・・。

稀に名東区役所に息子関連の書類上の用事で言ったりしたことがありますが、基本的には役所で我々に対応してくださる区役所の係員の人達は懇切丁寧というのが基本的な印象なんですが、今回の件は一体全体どうしたというんでしょうかね。

詳細がわからないんでコメントし難いんですが、私には柔軟性という言葉が決定的に欠如していたんじゃないかという気がします。まさに対応が杓子定規だったんじゃないかと。選挙民にとって投票日当日に投票出来ない理由なんて言うのはそれこそ無限にあると思うんですが、選択肢が数個あろうと数十個あろうとやっぱりそれに当てはまらないということは十分以上に有り得る訳です。

そこで必要なのは受付側の柔軟性。選挙民が不正・不当な理由で申請しない限り、可能な限り「投票できるような方向」で対応すべきだったと思います。役所側の係員も恐らくは選挙において不正というものが万が一にでもあってはいけないという事で「文言に無い理由」では受け付けられないとしたんじゃないか?というのが私の推測なんですが…。

理由を言ったおっちゃんも、もう少し「らしい理由」を創れなかったんかな~というのも私としては考えてしまうんですけど、宣誓書の選択理由に「病気」と言う理由があったのならお互いその一点で譲歩し合っても良かったろうし、私だったら当日に私的な旅行で云々とかなんとでも書きますけどね。今回は申請する方も受理する方も度を超えて生真面目だったんでしょうか?w

それにしても、こういった真面目な攻防が行われていても、被選挙民たる議員先生候補の皆さんの質が、その攻防に見合うプレシャスな方々かというとですね・・・。皆様御存知の通りです。

 

2022年6月25日土曜日

政治が破壊する日本の未来

竹中平蔵という詐欺師まがいのおっさんに「派遣」と言う名前で大量に作られた奴隷ビジネスが日本人の雇用を壊し平均賃金の上昇を長い間邪魔したと思っています。非正規雇用の話を聞いていると、法律という名のもとに合法的な搾取システムを作り上げた当時の小泉総理の腰巾着の罪は深海よりも深いと考えています。

そんな日本のシステムの下、こんな右肩下がりの人口オーナス時代とは言え、国際的に見ても国内的に見てもピクリとも動かない日本人の給与額はまことに情けないばかりです。いろんな中小企業にダラダラと補助金が出されて未来の展望がないまま延命し更に右下がり。厳しいようですけど、政府が口を出して行う補助金事業で「成功」と言えることって一体どれほどあるんでしょう。今のコロナ関連補助金にしても殆どシステムとしてはぶっ壊れて大量の犯罪者まで生む始末です。壊れた弥縫策そのものです。

ホンダに対する旧通産省の単なる巨大な邪魔立てなどは歴史的に有名ですが、実際のところ今まで旧通産省、経産省がやって来たことの一番の仕事と言えば「護送船団方式」と言う名の他国に対する貿易障壁の構築。日本が未だ弱かった頃の仕事としてはまあ、何処の国の政府でもやるような仕事ですが、結局のところその後に大きく発展したのは各会社の「必死の努力」そのものでしょう。政府というのは基本的に経済にはなんの寄与もしていないと私は考えています。

さて、このどうしようもなく上昇しない賃金なんですが、国が国債の爆発を避けるために利率を上げない中で、何も物の値段が動かず国内的には他国の物の値段の上昇とは乖離した鎖国状態の経済の中で日本人はバブル崩壊後に20年間細々と生きてきました。

しかし、ウクライナ危機の中で必然的に種々の物価が高騰してきている中、今度も莫大な税金を使って再びガソリンに補助金…。本当に政府のバカ役人達は人の税金を経済的効果の理論的計算も「実際には」出来ないまま、バカ殿総理の思いつきでまたまたバラマキです。本当に何というよく出来た社会主義国家なんでしょうか。重ねて残念なのは利権を吸い取る人間達が国家のシステムに乗っかった側に居て、ジジイ達が本来は若い人達が受け取るべき金を吸い上げていること。しかし爺さん達は権力のある側に居りますので、若い人達は絞られるばっかりということ。

そんな国の生み出すこんな国のトップと言ってしまえばそれまでですが、岸田という人物がこれ程までに駄目な総理とは思いもよりませんでした。ほぼ財務省とのベッタリ総理。一体どれほどの事を自分の脳みそで考えているんでしょうか?口から出る話は何処かで聞いたような話の二番煎じばっかりな上にその「小物感」は霞のレベル。逆に言えば今の日本が生み出せる総理というのはこんなレベルということなんでしょうね。他の国の行動力ある若々しい女性総理や理論と実力バリバリのトップと比べると「沈みゆく船の船長」というのは適格と言う意味ではまさに今の社会主義国家「日本」の総理は岸田さんレベルが今の適任なのかもしれませんね。

法律を変えて、人事を替えるだけで日本と言う国はまだまだいくらでも生き返ると強く思っている自分です。

 

2022年6月24日金曜日

道具は使ってみるまでわからない

キャンプ道具収集が結構煮詰まってきています。

今まではふるさと納税でいろいろな道具を掻き集めていましたが、実際に肌に触れて使うものは「使用感」の範疇に入ってくる大事な道具なので、写真や他人の評価だけではどうしても納得しきれない「違和感」が残る可能性が高く、実際にその手の店を回ってネットの評判などと比べてみなければ判らんという事で廻ってみることにしました。

先ずはLOGOS専門店を始めとしたいろいろなキャンプ道具の店がある長久手のイオンモールに行ってみました。店に入って嫁さんの用事を済ませて昼御飯を食べた後にすぐにアチラコチラのキャンプ用品コーナーに並べてある道具を実際に手にとって調べてみました。

一番気になったのはキャンプ用のチェアと保冷用のキャリー・システム。保冷用のバッグも折畳式のものやプラスチックのものが驚くほどにズラリと並べられて壮観な状況でしたが、最近のキャンプ・ブームを反映してか、あちらこちらに「あれ、こんなとこにキャンプ道具売ってたっけ?」と言うほどそれらしいものが並べられていました。

チェアは無印から有名ブランドのものまで各種あったことは間違いないのですが、正直なところどれもイマイチ。実際に見た目で「これは!」と思わせるような高さと深さを持った折畳式のチェアに一通り座ってみましたが、やはりどれもしっくりときませんでした。

以前、どこかのモールでキャンプ・コーナーでさえ無いところに置かれていたものが物凄く座り心地が良かった覚えがあるのですが、それは確か去年の年末のことだった上に何処のモールであったかが明確には思い出せません。

宮崎や長崎の田舎であればモールなんてあっても非常に限定的なのですが、名古屋はイオンモールを始めとして、各区に種々の大型店があるような感じの都市ですからこんな感じで思い出せないのです。

というわけで今回はキャンプ道具は何も買わず。再びどこかの店にでかけた時にしっくり行くものがあったらその時は値段と相談しながら買い込もうと思います。

それにしても、ヒロシのぼっちキャンプなんかを見ていると、最初は色々と道具を買い込んでも結局普段使いとしていつも使うのは全く最初とは変わってしまうようですから、どれほどこれからキャンプの中での必需品が変わっていくのか観察していきたいと思います。

 

2022年6月23日木曜日

ボケない人はやっぱり全くボケない

私の病棟には多くの高齢者、超高齢者が入院してこられます。

80代なんて言うのは70代とともに患者数という意味ではボリューム・ゾーンで、園周辺に60代と90代の方々がやってくるというイメージです。それにしても、毎日のように思うのはこの世代の健康状態というのは若かった頃の「勢い」というものがザクッと削られがちになってしまう年齢。

例えば20年くらい前までは現場や会社でバリバリに筋肉系の仕事をしていたオジサンもお爺さんになって筋肉が衰えて頭の働きが衰えて、以前の勢いというものが全くなくなってしまう人が全く普通です。ユンボで毎日仕事をしていた人、巨大なガントリー・クレーンのオペレーター、首都高速を造っていたオジサン等、一昔前から日本の基礎を造ってきた昭和の人々が今その人生での役割を終えてベッドの上に横たわり始めている時期なのです。

それでも、頭脳の方はというと話は別。これは体力とは全く別物の世界です。

今日も「脚の怪我」がもとで動けなくなってリハビリを希望されて当院に入院してこられた紹介の女性患者さんが来られましたが、今回はこのおばあさんに驚かされてばかりでした。

御年92なのですが、全くもって頭脳に衰えの片鱗も見えないのです。足の痛みのために動きは悪いのですが、こちらの話に当意即妙に合わせて冗談を言ってきますし、周囲の状況に関しても全く時勢にあった正しい認識を示されます。時事問題も取りこぼし無く着いてこられる上に。大昔のことも昨日のように思い出されるのです。

大デブだったという自分の父親の話や、自分に対して「早くボケろ!」と息子に言われたんよ~等と笑いながら言われると云うような事を面白可笑しく話されます。そういうお婆ちゃんの話に逆にこちらが癒やされる次第でしたが、そのお婆ちゃんの話をずっと聞いていると「私はボケるってどういうことか解らないのよ~」等と真顔で話をされます。

80代前半程度の人がこういう事を言っても、ワタシ的には内心「未だ数年後はわからんですよ!」と言う感じなのですが、90代になっても滔々と淀みなくお話をされるこんなおばあちゃんを見ていると「おそらく頭部の単純CTを撮っても海馬の萎縮や皮質全体の萎縮が殆ど見られないような特別な人だろうな~」と推測してしまうのです。

自分も「もし嫌でも長生きするのなら」こういった高齢者になりたいと思うのですが、まあ、無理ですな。w 宝くじの「当たり籤」に当選したような遺伝的背景と生活背景が必要でしょうし。

これで90代で「これほどの頭脳」を見せつけられたのは2回目。恐ろしい90代というのはいるものです。車いすでの生活になろうと頭脳の力で空を駆け巡ることが出来るのだなと改めて感じた今日の入院受け容れでした。

 

2022年6月22日水曜日

1日2回の事故とか・・・

インパルスの堤下が2回目の1日2回の交通事故を起こしたと言う報道が暫く前にありました。

しかし、この報道を聞いても「やっぱりあるよな」という感想が頭をよぎったのでした。それというのも私自身が学生の頃に、4学年上の先輩で同じ様な事故を起こした人が居たからです。

その人自身が運転がヘタだったというようなこともなく、行動も考え方も慎重な性格の先輩で温厚な性格。ステアリングを握ると性格が変わるなんて言うことも全く無かったのですが、ある日追突事故を起こしてしまいました。その時先輩にとっては初めての事故だったようで、物凄く気が動転してしまって、事故処理が終わったあとにその車をそのまま運転して家に帰ろうとした時にもう一回追突事故を起こしてしまったんだそうです。

翌日はクラブも休んで1日家に閉じこもっていたそうなのですが、そういう人でさえ気が動転したりすれば1日に2回事故を起こしたりする訳で、別に堤下と言う人物に特別だとも思えないのですが、よく報道を読んでみると1日に2回事故を起こした事自体が既に2回目だったとのこと。これはやはり何か適性に問題があったのかもな?と推測したりしてしまいます。

単発での衝突事故や届けていないレベルの物損や自損があったのかどうかは知りませんが、芸能人というのはスキャンダルを含めてプライバシーを切り売りしたり、切り売りされたりするのが仕事の一部ですから、こういったネガティブなインシデントが起きると本当に芸人人生自体が終わってしまうリスクがありますよね。それはそれで大変ですな。

もとからそれほど好きでもない芸人でしたが、こういう目に遭ってるのを見ると少し気の毒ではあります。

車の運転というのは恐ろしいもの。2トン前後の物体をか弱い女性や力の無い年寄りでさえ容易に100キロに加速できます。当たれば大怪我や即死。日常運転をする自分にとって日々の運転での事故などというのはたとえ自分が静止していても起きるもの。全く他人事ではありません。

お互いに加害者にも被害者にもなりたくないと本気で思います。加害者になっても被害者になっても良いことなど何もありません。

 

2022年6月21日火曜日

家族で洋服シェア(させられる)

我が目を疑うとはこのことでしょうか。

先日、下の娘と画材を買いに店に行くということで仕事終わりに家の下の道で待ち合わせをしてピックアップをすることになりました。LINEで連絡を入れ「今から15分経ったくらいで家の外に出ておいで」ということで病院から車を運転して迎えに行きました。

そして家の外に降りてきた娘を見て仰天!私のブルーのオーバー・サイズの横ストライプの服を着ているではないですか。娘はいたずらっぽく笑っていましたが、私は車に乗り込んできた娘に「俺の服着るとかアリなんか~?w」と言ってしまいました。

実は最近、わたしのTシャツを嫁さんが着たりすることが時々発生していますし、息子に至っては嫁さんの作戦で私のワンサイズ上の服をありとあらゆる形でシェアさせられています。基本的に若者である長男の方は彼にとって少しオーバー・サイズである私の服を始終着ておりまして、余りにも頻回に着るものでいつの間にか長男の洋服入れに鎮座まします…と言う状態になってしまっていることが多いのです。

しかも、長男のほうが明らかに体型はスリムで服は似合いますので、お父さんとしては「返してくれへんかな?」とも言えない訳で、気に入っていた服もいつの間にやらと言うパターンは無数です。

しかし、だからといってそれが嫌なわけでは勿論無くて、今時の家庭内ではそういう事もあるものなんかな?位に受け止めています。今時オーバー・サイズと言うのは普通に若者達が着ますので、そういう事になってしまうんでしょうね。

私自身も歳を取ったら落ち着いた柄のものなど決して着ること無くワザと派手な服を着ようと決心しておりますので、その準備段階として派手目の服を着る生活を始めるのもいいかなと言う今日この頃です。

この夏アロハ・シャツとか着てみようかな?病院で言われるやろうな「アロハのおっさん」と。

 

2022年6月20日月曜日

今日で家族の帰国後5周年

時間の経過とかあっという間です。

ほんのこの前と感じるアメリカ暮らしの長かった家族の帰国からはや五年とか嫁さんに言われて「もう5年か?」と思わず聞き返してしまいました。大量の荷物を抱えて成田に帰り着いた我々はいろいろな意味でヘトヘトに疲れてはいましたが、新たに「再び」始まる日本での新生活がどうなるかワクワク感もありました。

帰ってきて5年。いろいろなことがありましたが、猫も犬も家族もそれぞれ取り敢えず日米の対岸でそれぞれが元気にやってこれたこと自体には感謝しかありません。私が一人先に日本に帰国しても、次女が高校を卒業してしまうまでは子供達を嫁さんがケアするという形の生活。何かと不安も大きかったとは思いますし、私が一時的にアメリカに帰国してリッチモンドの飛行場で別れる度に嫁さんは涙を流していましたが、結局は「より」強くなって帰国して参りました。^^

日本側に一人2年長く居た私の方はどうだったかというと、男一人で洗濯も掃除も時々はしていましたが、徹底的に駄目だったのはやはり料理でした。そもそも一人でいる時には己がキッチンに料理人として経つことはほぼ無くて、「嫁さんにピカピカの未使用キッチンを渡す」というインチキ臭いプロパガンダのもとに調理を徹底的にサボっていたのが現実です。何かを家で作るにしても精々レンジでチンかお湯を沸かしてカップ麺とかレトルトをご飯にかけて食べる程度。

嫁さんが日本に帰国してからは本当に食べるものや着るものが充実しました。やっぱり冴えない男一人だと長生きしないというのが「よ~くわかる」ような2年間でした。家族のいる温かみというのは「金も手間も」かかりますが出費や使った時間に見合う良いものです。

それにしても、自分が全く一人暮らしには向かないオジサンであることを年取ってよ~く身を持って知らされた貴重な二年間でしたね。

みんな元気で帰国後10週年を迎えたいところですが、最長老の俺が当然のごとく確率論的に一番危ないですね。orz  まあ、老いるのも病に罹るのも順番であれば仕方ありませんか…。w

そうは言いながらも家族みんなの健康な生活を心の底から祈り続ける家長でした。

 

2022年6月19日日曜日

父の日のお祝い

今日は父の日だということを忘れておりました。

が、嫁さんと娘達はしっかり頭の中に刻んでいたようで、長女はアメリカのTIMEの大谷翔平の特集を、次女はミントグリーンのキャップを、嫁さんはパジャマをプレゼントしてくれました。

そもそも私自身はこの手の「私にとっての」謎の記念日の数々をどうでも良いという捉え方しかしていないのですが、こういう事をカレンダー通りに律儀に守る常識の塊みたいな嫁さんにいつもいろいろとしていただいております。常識って良いものですネ。w

さて、その後は嫁さんが昨日のうちから予約してくれていた藤が丘駅のそばの海鮮料理のお店に息子と次女と四人で向かいました。私は娘からプレゼントされたキャップを早速被って!

次女はベジタリアンではありますが、ペスカタリアンという魚介類なら何の躊躇(ためら)いもなく口にするタイプのベジタリアンですので、このお店でなら、取り敢えずほぼ何でも食べられるわけです。

お店に行ってすぐに家の外の四人がけのテーブルに席を取りじゃんじゃん注文をしました。先ずは四人で乾杯できるビールその他をそれぞれ手にとって乾杯した後、出されてきた揚げ物や小さな刺身の盛りをパクパクと食べ尽くしていきました。やはり久しぶりに家族で「外」で食べる瞬間というのは気持ちいいもので、雨も全く降っていない中、蚊が近寄らない程度の蚊取り線香が緩く炊かれたテーブル横で夕暮れ時に外を歩く通勤帰り学校帰りの人々の群れを眺めながら食べる料理はまた料理本来の味以上の味を感じることが出来ました。

帰りはのらりくらりと歩きながら家へ戻ったのですが、家族みんなで公園の中を通過しながら息子にブランコを楽しませた後、家へ帰って「もう食べられない」と言う状態の胃袋を腹の外から摩りながら一日を終えたのでした。