2018年5月21日月曜日

早くも皮がピリピリ

先日の運動会観戦の副作用が・・・。

額が真っ赤に焼けた話はちょこっと書きましたが、2日立って早くも皮膚がペリペリと剥けてきました。朝出勤しようとした瞬間に玄関でたまたま額を触ったら「ザラッ」というおかしな感覚が指先に走りました。

それこそ( ゚д゚)ハッ!と言う感じ。(この顔文字本当にその時の感じをよく表しています。w)

あらら、もしかして・・・と思い丁寧に額全体を触ってみると、ザラザラザラッと全面にわたって皮膚が浮いているのがわかりました。orz
朝シャワーを浴びたことでこの剥離が加速されたんでしょうか。

私はもともと色白で、母親譲りの色白。歳が上がるに連れて日焼けの後の色褪せが遅くなって、少しは色もつくようになりましたが、30歳台位までは顔色が悪いのか?とか、元気ないの?等と体調ベストで元気ピンピンのときでも言われる始末。

野郎として生まれてこのかた、色白であったことで得なことなんて一つも無かったんですよね。オマケに色が白いので陽に焼けると暫くしてシミになりやすいのです。
ですから、これから加齢が進んでいくとどんな所にどんなシミが出るであろうかというのが己の母親を観察することで予測できるのです。

色白でない方にはなかなか驚きかもしれませんが、顔や腕のみならず実はふくらはぎの部分などもシミが出やすいんですよね。オマケに早い時期から比較的わかりやすいシミが手の甲に出てくるのです。

同じ様に友達と海水浴なんかにいっても俺だけ直ぐに真っ赤になってヒリヒリ痛くなる。しかも、日焼けすることが出来ず確実に皮膚が直ぐむけてくる有様。皮膚科学的にはこの日焼けに対する弱さというのは分子生物学的なレベルでよく解明されているのですが、個人のレベルで言うと「ハズレくじ」を引いて産まれてきた感覚です。

女性なら色の白さは七難ナントカ・・なんでしょうが、非イケメン野郎には無縁の話。

皮膚剥け剥けのダサいオデコが痛い。w

2018年5月20日日曜日

イチゴ狩りはキツイのだ!

今日はイチゴ狩りに行きました。

嫁さんが週末の家族の楽しみとして行事を加えたのがこれですが、場所は岩滑というところにあるいちご農場です。
一人あたりの入場料は1000円でしたが、早速農場の人に案内されたのは下のような場所。ビニールハウスの中ですから暑いはずなんですが、少なくとも訪れた時は気持ち良いくらいの温度でした。
一つ一つの畝の中に入っていってその畝を半分くらいに分けたエリアが私達の与えられた場所でして、四十五分間いくら食べてもよいのですが、正直無理。
頑張って食べるのですが、美味しくて甘いイチゴもそのほとんどは水で出来ておりますので、二十個を超える辺りから少しづつ休憩モード。w
長男はもともとイチゴはそれほど好きでもないので、半分イヤイヤながら・・・。練乳をかけながらでもなかなか難しい感じでした。
ガッツリちぎりながら食べていくのですが、もう十個二十個といくとゲップが出そうです。w 
6月の初旬でもうこの農園のいちごは根っこから切り取って処分するんだそうです。まだまだこれからもガンガン収穫できそうなんですが、ビニールハウスが暑くなってきたりすると、きっと冷房費なんかと比べてイチゴの代金が割に合わなくなるんでしょうね。

 私と嫁さん、そして次女は精一杯頑張ってももう30分程度経過した所で限界。申し訳ないけどとても1000円分なんて食べるのは無理です。ハイ。
前後しましたが、これが入り口です。
たくさんの家族が来ておりましたが、皆30分もかからず退却しておりましたので、同じような感じだったのでしょう。
これが帰りがけに撮った農場の全景です。
ともかく、イチゴ狩りというのは体験を楽しむことにお金を出すのであって、元を取ろうなどとは決して考えてはいけないのだと良くわかりました。w

さて、この後はこの地の産んだ偉人「新美南吉」の足跡を訪ねるべくその博物館を訪れて細かくその人と作品を堪能させてもらいました。
ごんぎつね等で有名な彼ですが、若くして結核で亡くなった南吉を”たまたま”とは言え深く知ることが出来てイチゴ狩りの苦行もすっかり忘れてしまいました。

彼の生家も訪れた後、藤が丘の方に戻り、皆できしめんを食べて一日の締めくくりとしました。

2018年5月19日土曜日

運動会に行ってきた!

知り合いの子供さん達の運動会に行ってまいりました。

小学1年生と小学四年生という人生で最も楽しい時期の一つですか。一年生の子供は去年までは観るだけの側から今回は自分が参加できるということで、前日夜から大興奮だったようで、現場の運動場でも何が嬉しいのかわからないほど興奮して嬉しくて飛び跳ねては大笑い。「いきている」という喜びが体全体から滲み出すんじゃなくて噴き出していると言ったら良いのでしょうか。そんな様子を見ているだけでこっちの心が和んできます。

親にとって子を持つ喜びというのはこういうシーンなんですよね。
まだ孫を持つには至っておりませんが、既に嫁さんから警報が出されるほど私は未来の塊そのものである子供達の無邪気さが大好きですので、孫ができてもスポイルしないように、決してsugar grandpaにならないように気をつけなければなりませんな。w

さて、運動会の話に戻りますと競技自体は良いのですが、日本に帰ってきてびっくりしたのは父兄の皆が簡易テントを持ってきてその中で陽に当たらないようにしていること、また荷物を運ぶのにほぼ全家庭がColemanのキャリアをもって荷物を運んでいたことでしょうか。まるで何かの宗教儀式のように皆同じ!驚きました。

競技自体は前日激しい雨が降ったこともあり、一時間遅く始まったことを受けて綱引き技スキップされただけで、かけっこその他で変な横並び規制などもなく、厳しく順位をつけながら勝ち負けを見ていくものだったんですが・・・なんと!赤対白で勝つのは何と白ばかり、ソレもそれほどの勝ち負け差がつくことってあるの?というほどの差。
最終的には12:1だったのですが、途中経過の証拠写真を撮ってみました。ものすごい差です。w
赤組の得点係が可哀そう・・・
知人の子供達の方はというとリレーに選ばれるほどの脚の持ち主で、一年生の方も四年生の子も豪快な加速で二位以下を千切る状態。正直な感想は「ああ、やっぱり短距離は才能だ~」というものでした。脚を遅くしか回転できない子はどんなに頑張っても回転の速い子には全く以て勝てませんからね。自分はこの手のかけっこでは何回走ろうと常にほぼ真ん中で何の才能もありませんでしたからただ口を開けて呆れるばかりでした。

競技が終わって家に戻って嫁さんに言われました。「顔真っ赤よ!」
そうです、もう顔を拭くと痛いくらいにオデコを中心に真っ赤に・・・。日本版Hillbillyの誕生でした。orz

2018年5月18日金曜日

後輩の婚活

病院の医事課のお兄さんが婚活をしております。

と言うか私が焚き付けたのですが・・・。
ある飲み会で私が彼に彼女はおるのか?と訪ねた事きっかけになりまして、彼が実のところ焦っていること、両親にも時折彼女は居ないのかというようなことを尋ねられていることを告白しました。

私としては三十代の彼が両親と一緒に同じ家に住んでいる事自体が結婚から君を遠ざからせていることをお話したのですが、彼曰く「御説御尤も」と言う感じで反省してばかり。
実際彼ともうひとりの還暦近い女性を含めてX君を励ます会というのを作って彼を囲んで月一回の作戦会議と言うのを開いております。

ところが、仕事にかまけてプログレスがなかったものでLINEで叱咤激励。
前回のブログの記事からたった一歩しか前進がなかったので、ペナルティとして一次会は彼の自腹で飲み食いすることになりました。

どんな人間でも期限とペナルティがなければなかなか前進するモチベーションを得ることは出来ませんので、こうやってかれが「動かざるを得ない」状態を作るわけです。
少なくとも初回は私が全部持ちで饗応して、それ意向は進歩がなければ彼が払わなければならない!と言う明確に厳しい罰則を作ってprogress reportを聞きながら新たな戦略を練るわけです。w

彼としては大学時代の友人を使ってのイモヅル方式を狙っているというのですが、それがそううまくいきますか?次回5月25日に次の反省会が藤が丘であるらしいので、それを期待しましょうかね。

オジサンの耳にどんな新情報、結果報告が入ってくるのか・・・愉しみです。

2018年5月17日木曜日

ヒデキの死

衝撃でした。

ヒデキというのは我々世代前後の人間にとっては一人の人物ではなくてもうスターというものの持つ意味を全てを持ったアイコンでした。
多分私の10歳位下の人達、四十歳くらい?の人達まではヒデキがスターとして活躍していた頃のことが肌の感覚でわかるんじゃないかなと思ってるんですがどんなもんでしょうかね?

脳梗塞の後もガンガンとリハビリに励み最後までスターであることを失わなかったヒデキ。病が彼を襲っても、彼のファイティング・スピリットは決して折れることはありませんでした。亡くなった時の芸能界の皆さんの彼に対する弔辞は通り一遍のものでなく、心から溢れ出てくる本当の言葉が多かったと思います。

私はもちろんヒデキの私生活など知る術もないのですが、彼のことを「嘘偽りのない本当のナイスガイ」だというような表し方をする人が沢山のインタビューで出てきた時は感心してしまいました。

我々が小さかった頃のスターというのは、(表現は悪いのですが)たぶん今のような小粒ぞろいのアイドル達とは違って、アイドルではなくやはり「スター」でしたね。好みや趣味の細分化が進んでいなくて、テレビの影響力もまだまだ絶大だった世界の最後のスター。
小さい子供からジジババまでみんなが顔と名前を知っている上に、彼の歌も耳に残っていて歌詞は知らなくても彼の歌だと誰もがわかるという、平成の今の時代にはちょっと有り得ないレベル。

また、恐らくも何も、多分ヒデキは実生活でも超が付くようなモテモテだったでしょう。それは手をのばせば何処にでも女性がつかめるようなレベルの人だったと思うんですけど、全ては「スターだからね~」と言って許されるような感じだったんじゃないかな?等とモテナイオジサンである私は寂しく想像するのでした。

小川知子さんが「あの世でもきっとモテまくるだろうから、気をつけて」というようなことをニュースのコメントで言っていましたが、来世でも間違いなくモテるだろうな~。

63歳なんて今の時代、本当に冗談のような若さでの死。ジェームス・ディーンのような異常な若さではありませんが、それでも本当のスターというのはヒデキのように生き急ぐような速さで亡くなって、老いを見せることのないままスターとして歴史に残り続けるんでしょうか。

合掌。

2018年5月16日水曜日

次女の短期バイトは難しい

春休みで帰国してきて我が家でのびきっている次女ですが、とりあえず母親と一緒にバイト探しはしているようです。

せっかくの日本滞在なのですので、アメリカ人が日本にいることによるアドバンテージを使ったほうが良いに決まっています。もっとも手っ取り早いのは英語を使用する方法。確かに語学をアドバンテージとした仕事はたくさんあります。

ところがバイトの雇い主のほうがEnglishネイティブを探しているのは間違いないにしても、その雇用期間がどうしても短い(三ヶ月ほどでは短すぎる!)ために、たとえば夏休みだけというのはちょっと雇えない・・・というようなことになってしまうのだそうです。

となると、どうしても超短期のバイトを探すことになるのでしょうが、そうなると全くの普通の仕事くらいしかありません。もともと怠け者の娘はここいら辺の切迫感が全く足りていないため何をするにしても実にいい加減でのんびりしております。

まあ、取りあえずは生きて普通にやっておりますので多くを望んで居ないし切迫感も足りないと思うのですが、私に万一のことがあったらきっと全力を尽くすのでしょうが、私的にはそれは余り起きてほしくないことですので。w

ボランティアにでも出れば良いんですけど、幼児などの保育システムでののそういった英語を使ったボランティアも「長くやってくれる方のみ」というガチガチの規則で自分自身を縛っておりますので、愚かなり・・・とは思うんですが、まあ彼ら自身が作った自分達の規則で自分を縛るのにボランティアがとやかく言う筋合いはありませんので、それはそれで仕方ありますまい。

アメリカだったら簡単な面接の後、比較的二つ返事なんですが日本には未だそういった期間限定のGoodwill offerというのを受け入れる素地というものがないのでしょう。

次女の休みは引き続き長いのでした・・・。w

2018年5月15日火曜日

知り合いの先生のペットの死

ペット・ロス  経験したくない言葉です。

ある病院の院長先生の奥様が大切に育てられていたテリア系のペットが16年半もの長命を保ったものの、亡くなってしまったとのこと。奥様のお気持ちは如何ばかりかと・・・。

我が家の嫁さんも「その日」がなるべく後に来ることを祈りながら日々を過ごしています。今度のハロウィンで11歳。ネットで調べるとよーキーの平均寿命は13歳から16歳とのことですから万一の日は確率を考えれば片手を指折るくらいの年月で来てしまう可能性が結構高いわけです。

世界記録ではテリア系の犬で28年を超えるものもいるようですが、それはあくまでも世界記録。人間で言えば泉重千代レベルの怪物であって、十億分の一の確率以下でそのような長妙を得ることが出来るわけですから、そんなのをカウントに入れるわけには行きません。

やはり最近は白内障が進んでいるのは間違いなくて老化の一種としては明確にその老いを出している表現系の一つですので、やはり他の部分も加齢が進んでいると推測するのが最もまっとうな考え方と言えるでしょう。

とは言え今回の亡くなったワンちゃんはイレウスが見つかって手術を受けオペ自体は成功したものの、最終的には食思不振に陥ってしまったというパターンだそうです。
腫瘍が出来たり骨粗鬆症が進んで骨折したり、腎不全が進行したり心不全になりやすかったりと、犬種によってなりやすい疾患も決まっておりますが、ヨーキーの場合は膝蓋骨脱臼や気管虚脱、低血糖、進行性網膜萎縮などのようです。

定期的に検査は受けて全てのワクチンも打ち、フィラリア予防などにも気を使ってはおりますが、我が家のヨーキーに与えられた天寿がどれほどのものか、まさに神のみぞ知るところです。

天寿を全うさせるべく日々頑張っていかねばなりませんね。

2018年5月14日月曜日

カスペルスキー再取得

ガックリ来たのですが、アメリカでインストールしたカスペルスキーは私のようにPC自体をぶち壊してしまうというような愚かなことをして一度失うと、日本国内ではインストールできません。

最初日本で再インストールしようとしたら「お使いの地域では駄目なライセンス」風のメッセージ。何度試みても駄目でして、VPNでアメリカからアクセス、しかもバージニアにあるIPホストから経由してアクセスしても駄目でござんした。さすがはネットセキュリティの会社。w

というわけで私が現時点で最強と信じているカスペルスキーを再度日本で取得することとなった次第です。
ネットでダイレクトに取得するのがベストなんですけど、三年間5台のマシンを守ってくれる一番守備範囲の広いライセンスが最も安く手に入るのはアマゾンでしたので、そこを選び一日待つことにしました。税込みでほぼ一万円。(9993円)

ネットで配送状況を確かめてはいたのですが、私自身は当直中でしたので、どうしてもその日にはインストールできませんでした。したがって翌日にウキウキとしながら即インストール。

待ちわびた久しぶりのアップデートでしたが、やはり病院でよく使う「気になっていた」USBメモリを差し込んでみました。やはり・・・差し込んだUSBメモリには感染したwormが一匹潜んでおりました。結構古典的なwormなのですが、私の病院のセキュリティ・ボロボロのPCにはこの虫がいつも潜んでいるという情けない状況。
昭和初期生まれの爺さん事務長にネットのセキュリティなどを説いたところで馬の耳にナントカという奴でして、その意味さえ理解しようとしません。こうなると本来であれば即退職すべきなんですけどね。仕方ないので自己防衛です。

何はともあれ十数分のフルスキャンの後、おのれのPCがクリーンであることが確認されました!
ひとまずめでたしめでたし。

2018年5月13日日曜日

新潟の女児殺人犯

テレビではどうやら容疑者が捕まり犯行をほのめかす供述をしているとのこと。

23歳の男性とかいう話もありますが、その人物が真犯人か否か今後きちんと司法の力が明かしてくれることを祈るばかりです。

しかし、犯人が捕まった所で、全く浮かばれないのは変質者に殺された女の子とその御両親です。これは何があっても還ってこない命。7歳のいたいけない女の子をその手で殺めた輩を憎む御両親や御親族の御気持ちを考えると本当にやりきれないだろうなと胸が痛みます。

私も三人の子を持つ親として”万一”子供がこういうことに巻き込まれたら一睡も出来ないだろうし、一生にわたってあらゆる場面で亡くなった、しかも変態に殺された我が子の事がフラッシュバックしてきて生きてゆくのが辛くなることが想像できるだけに、それを思うと御両親の御気持ちはいかばかりかを考えれば考えるほどに堪えられんです。

たった7つの、ほんのこの前この世に生まれてきたばかりの可愛い女の子の首を絞めて線路に投げ込む様なケダモノは私自身は何の躊躇いもなく死刑にしてほしいと考えます。
犯人の人権というものも法律論では普通にありますし、裁判も当然行われてケダモノの行状は明らかにされるべきだとは思うのですが、それでも結果は死刑であって当然だというのが私の感覚です。

幼ない子供を殺した全ての人間に死の裁きをというのが私の想いなのですが・・・司法はそういうようには出来ていませんし、万一の冤罪というものも十分ありえますので、事は慎重に運ばざるを得ませんが、もしクロであればそれらの真犯人は本当にこの社会のシステム内から消えてほしいと心から願うのです。

2018年5月12日土曜日

ネットの記事のびっくりレベル 

ネットの記事で金を貰っている自称「記者」の皆さんの記事のレベルが最近私の目にもこれは酷いと思える様になったなと感じます。

特に経済評論家とか言う連中の記事の質は「これでも売文家か?」というのがゴロゴロあちこちに目立つようになった気がします。日経などの記事であれば「通常は」ある程度の質が担保されているようですが、最近はそうでもない記事が本当に目立つ。

無論、不偏不党などというものはマスゴミの記事には最初から期待しませんが、少なくともその分野に関して背景を良く知らない人が、検索結果から辿り着いて「真面目に」読むような記事はデータに則って書いて欲しいものだと思うのですが、無理ですわな。

特に我々が関与する世界である「健康」に関する記事は、新聞記事の頃から何時までたっても騙され続ける一部の爺さん婆さんは別として、真剣に加速や自分の明日の命のために健康に関する情報を求めている人にも売文家がミスリードするようなことは極力減らさなあかんと思うんですけどね。
特に大マスゴミ様はデータを出さずに文章書いてそれを売りに出すのはいい加減止めなあかん。

私達医師が論文を書くときには全ての主張のもとになるデータは厳しい検証を経て上梓されたあと(peer review)キチンと世界中から再検証を受けるわけで、日本であろうと世界各地であろうと嘘のデータで嘘の主張をした連中というのは科学や医学の世界に居場所がなくなるわけです。

ところがこのXXXX評論家とか、自称XXスペシャリストと言う人達は誰の検証を経ることもなく(少なくとも私にはそう見えるのですが)文章に値段をつけて雑誌やメディアの権威(名前に権威があれば幸いですが)の名のもとに読者から金を回収しているのですから、それを買わされ文句を言わない人達は羊のように大人しい物分りの良い良識のある方々なんでしょうね。しかも、この文章を書いた人達は罰を受けることもない。

日経の医療に関する記事は技術解説の記事以外では本当に大丈夫?編集長ちゃんと記事読んで出版を許可してる?というような記事が多くてびっくりしてしまいます。(アサヒその他はまあ、スポーツ新聞以下の事実記載率ですので論評自体する気も無いレベルですのでそれらについては何も書きませんが。)

本物に限りなく近づけて重要な部分をデータ無しの主観で結論付けるような際どく且つ悪質なミスリードは本当に止めてもらいたいもんです。