2018年5月24日木曜日

老害もここまで来ると

ネットやニュース画像で出てくる日大の公式試合での悪質タックル事件をじーっと見つめていたのですが、一連の流れを眺めて今の時点で思ったのは「老害極まれリ」という事でしょうか。

スポーツ関連では最近でもレスリングの栄というハゲで有名なオッサンと、この爺さんの招待を知りもせず擁護し続け、最後は思いっきり頭を下げて謝らざるを得なかった管理能力ゼロの至学館大学の谷岡学長といい・・・もうね、内田前監督もお前らもみな人生の表舞台から退場しとけ。w

タックルをしてしまった全日本クラスのM君もそれこそロボットというかチームにとっては単なる使い捨ての駒であることがバレてしまっただけでなく、こんなクソ野郎のもとで精神的にも肉体的にも追い込まれながら日々必死のプレーをしていたんだということが哀れでならんですな。

詳報を読む限りでは、タックルされた側の学生には一生にわたるような傷は"幸いにして”残らなかったようですが、もし脊損とか慢性の神経損傷とか骨折が発生していたら今回の事件は最初の一歩から明確な傷害事件としてレベルの違う糾弾を受けていたはず。

子供でもわかるような嘘をついて逃げ回る日大アメフト部の前監督の内田という爺さんは日本中から糾弾を受けて心労で入院したとのことですが、多分「公の場」ではこれからの余生を人から後ろ指をさされて過ごす事になるのでしょう。

また、誠に皮肉なことに日大には危機管理学部という名前の学部があるんだそうですが、そのHPを訪ねてみると、そこには
時代が必要とする人材を社会へ
私たちに脅威を与える「危機」は社会の多様化・グローバル化とともに増大。時代に求められている危機管理のエキスパートをいち早く養成し、社会に送り出します
と堂々と書かれています。しかし、少なくともこの大学は危機管理という名のリスクマネジメントを学生に教えるような資格を持った教授陣はどこにもいないみたいです。何のエキスパートがこの学部から飛び出してくるんでしょうか?w

こういうときにこそ「ジャジャ~ン」と教授が飛び出していって、恍惚のジジイだらけの謎と混迷の理事会に対するマネジメントを発揮して大学を救うべきかと思うんですが、全くもって機能しているとは思えません。権威と解雇能力のある雇用者に逆らうような骨のあるやつは危機管理学部という「ナマエ」の学部にはいないようでして・・・。

危機管理の出来ない危機管理学部をもつ日大。日大流のブラック・ジョークなんでしょうね、きっと。

未来に何のビジョンも無い、今の自分の地位と財産保全に汲々とするクソジジイやクソババにだけはなりたくないものだと日々自省しながら歳を取らねばなりませんな。

あ、忘れてましたが、逆ギレ失笑会見の時に登場した前共同通信記者の日大司会者の爺さんはS級ですので、日大ではなく吉本に行くべし。

0 件のコメント: