2018年8月7日火曜日

長崎から950キロの運転

今朝は6時前には起きて朝の出発に備えました。

朝食を摂った後、両親に今回の行事の件での感謝を述べた後、子供達が三々五々起きてきましたので、さっさと準備をしてもらい出発です。
毎度の恒例行事なのですが、別れの時間になると長女と嫁さんと義母がさめざめと涙を流してお互いの別れを嘆くのです。

周りの人間はそれを見て毎度大笑いというこれまたお決まりのパターン。
こんなことをもうかれこれ30年ほどこの三人は繰り返しているのですが、どうにもこの御三方は自分の意志ではどうしようもないとのことですので、我々も優しく見守っているだけです。w

さて、カーナビに名古屋の家の住所を入れたところ、907キロメートルで11時間半とのお知らせが出ました。ほぼ来たときと同じですが、時間帯が全く違うのでそう素直に到着できるとは端から思っておりませんでした。

途中であちこちのちょっとした名物を買い込みながら移動をして問題の神戸文金点まで来た時に問題発生。 
今年3月に完成している新名神の神戸からの新区間がナビに入っていないのに、標識の指示を見てそこの区間に飛び込んでしまい混乱発生。結局その先には約30キロに及ぶ大渋滞があることがグーグルマップでわかったことから一旦途中で戻って神戸へ。更に迷った挙げ句予定よりも一時間半以上かかかって岐阜羽島経由で帰ってくるという間抜けなことになりました。

何だろうあの大渋滞は・・・とラジオをつけた所、琵琶湖湖畔で行われる花火大会渋滞だったことが判明し、ガックリでした。俺が帰る日に花火大会せんでくれ!って、誰も知らんがな。w

というわけで、実際は950キロほどの行程になりましたが、何とか無事に家に帰り着いたのが九時ちょっと。疲れは感じなかったのですが、やっぱり疲れているはず。しかし、病院に一旦行って溜まって居た業務を片付けて家に帰ってきたのが12時半過ぎでして、シャワーを浴びて眠りについたのは2時過ぎでした。

無事これ何より、しかしな〜。明日は眠いだろうな・・・。

0 件のコメント: