2017年4月23日日曜日

天才は天才を知る

今日の一番は今まで実際に個人的に目撃した数々の勝負事の中でも、有数の出来事となること間違いない瞬間でした。

リアルな放送をAbemaTVで見た方も多いかと思いますが、あの加藤一二三先生の記録を62年ぶりに破って最年少プロ入りを果たしたマダ14歳の藤井聡太君(既にプロ四段!)という恐ろしい新人ですが、現時点でプロ入りから”既に”13連勝中というこれまた規格外の怪物です。

この少年は我が家からそう遠くない名大のキャンパスの脇にある学校に通っているとのこと。瀬戸の出身とのことなので、多分通学その他で我が家の前の道も確実に通ったことがあると思いますが、もうこのレベルになるとスーパースターですよね。
Yahooニュースより
7番勝負の2番目以外は全部勝ちその何れの相手も皆今の時点で何らかの輝くものを持つ相手ですから実力は本物です。将棋では現在の日本において神の如き存在である羽生先生をして「すごい人が現れたな」というお言葉を述べられておりましたが、この言葉は7番目の羽生三冠を破った時の藤井四段の素人目にも危なげなさそうな勝ち方を見ていると、何のお世辞でもない羽生三冠だからこそ真の意味で感じ取ったもののある言葉だったのだと思います。

無論、我々のような下々からは想像もつかないハイレベルな頭脳戦が繰り広げられた結果ですからお互いが見ているもの、見えている世界というのは深さも広がりも全く数次元違うものだとは解っていても、驚き以外の何物でもありませんでした。彼の得意な詰将棋などではい既に驚くような逸話がゴロゴロあるようですが、皆様もそれを読んでこの四段のハイパーさを感じ取って頂ければと思います。

このあどけない少年のインタビューでの受け答えを見て感じたのは、一言でいうと「若くして何と老成した受け答え!」というものでした。これだけの勝ちをしたあとでも、大先輩の面子を一つも汚すこと無く丁寧に応答している様は既にして大人(たいじん)の風格があり、マルチ・タイトルホルダーになるであろうことを現時点で素直に感じさせるものだと思いました。

しかし、こういった強い新人の出現も明らかに歴代の先輩方の戦法の研究と戦歴の積み上げ、そしてネットでアクセスできる膨大な量の棋譜等の存在があったからこそだと私は素直に思います。
これからも時代を超えてAIを打ち破る棋士が存在することを証明して欲しいと思っていましたが、この超新星ならもしかしたら?と思わせる日本期待の頭脳では無いかと思わせてくれました。

人気ブログランキングへ

2017年4月22日土曜日

話題のパン屋さん

今日はある病棟で、複数の看護師さん達から確認の取れた美味いと言われているパン屋さんに行ってきました。

八事の方に有るパン屋さんで、パンのトラという名前の店です。ちょっとびっくりしたのはその駐車場の広さでした。こう言っては失礼なのですが、たかがパン屋さんなのに、広い駐車場には車の誘導員までいるのでした。しかもやってくる車が結構オッ!と言うような車が多くてちょっとパン屋と言うにはただならぬ感じ。私などと違ってちょっとお金に余裕がありそうな感じの人が多いという印象でした。

では中の様子をちょこっと写真に撮ったので見ていただきましょうか。
外はピカピカですね。すだれのかかっているところには実はパンをお客さんが食べるスペース。
喫茶スペースというやつですか。勿論禁煙ですが。

結構な数のパンがありどれも美味しそうなのですが、棚からはかなりの数のトレイが既に消失しております。

ライトアップされたディスプレイの例は二列あって、とぐろを巻く感じでパンを選んで最後は支払い。
キャッシャーも5つくらい窓口があって、最初から大量のお客さんをさばくように設計されている感じです。
家に数個のパンを買って帰って食べてみましたが、ナルホド評判になる感じの味ではあるかな〜と言うものでした。ただ、顎が落ちると言うほどのものでもないかな?何れにしてもパンは焼き立て30分程度のフンワカ・ホンワカには如何なる味付け自体も敵わんというのが証明された感じでした。
名前も知らないパン屋さんです。おじさんが一人で売っておりましたが、食べてびっくりのメチャウマ状態。
いつ売りに来るのか聞いても、一月に二回くらい来るけど何時かはハッキリ決めてないとのことでした。
というのは、ちょっと前に街角で見つけたメロンパンの訪問販売車があってそれを食べたのですが、もうね、これがメロンパンといういつもの食べ物なんですか???と言うくらいのふっくら柔らか感と味がありまして、一個だけのつもりがその場で三個も買って食べてしまいました!って言うメロンパンを食べた後でしたから、相対的に厳しく評価してしまったのかも。

でも、アメリカから帰国してきたら嫁さんは泣いて食べるだろうなトラのパン。w

人気ブログランキングへ

2017年4月21日金曜日

大人になった気分2・閑話休題

昨日の続きです。

さて、その”私にとって”分厚い千円札で構成された10万円は絨毯の下で眠り続けたわけではありません。勿論、投資などという言葉は九州の片田舎に住む高校生には授業で習う経済や行動上の概念としての言葉以上の現実的意味があったわけでもありませんので、それを元手にいっちょう何かをやったるかというようなこともなく・・・。

考えていたのは、ひたすらそれをどう使うべきかということ。orz

この点は、大人になっても全く変わらないなどということはなくて、少しは未来への投資というものを何が得て行動するようにはなったのですが、基本的には教育と機会いうものがなければ「投資行動」というのは発生しないのだろうなと今でも考えております。

そういった意味では、小学校の頃から株式投資のバーチャルゲームをやっていたようなアメリカ育ちの私の子供達世代は投資行動という意味では貯金以上に”当然のお金の使い方”の一つとしてキチンと道筋がつけられていると思いますね。
ギャンブルではなく、利殖の一環としてのお金の再投資が根付くためには日本という国ではなかなか難しいのでしょうが、授業とまでは行かずとも何らかの教育機会を設けてあげなければ、タンス預金と不動産購入くらいしかお金を保つ手段を知らない大人になっていくのではないでしょうか。(実際、現代の日本がそういった大人だらけですが。)

今、こうやって給与所得の有る今の自分から見ればこの十万円弱というのは眺めてニンマリよ言うほどの額ではありませんが、こうやって束にしたキャッシュを持って考えた愚かな高校生の次の一手は「夜に家を抜け出して近所の喫茶店でコーヒーを飲む」と言うものでした。

はい、馬鹿ですね。只管のバカ。もうね、そういった行動が大人への階段を一歩登ったという経験を体中に感じるフレッシュマン。きっと他の切り口を経験をした人ではそれが喫煙だったり、異性との交友だったりというものなのでしょうが、私の場合は”喫茶店で茶をしばく”というものでした。

今、自分の娘達がアメリカで高校時代に当たり前のようにバイトをし、当たり前のように車を運転する高校生時代を経験しているのを見ると、当時の自分が同年代の娘達ともし出会うようなことがあれば、それはそれは今のお父さんの高校時代の幼さを見て腹を抱えて笑っていることでしょう。(^^)

当時の田舎では、県立高校生がコーヒーを飲みに夜の喫茶店で云々というのは結構な冒険だったのです。まあ、夜中でも煌々と人工の明かりで照らされ、制服を着た中高校生がウロウロと夜の街を練り歩くような”シティ”では想像もつかない世界が当時の田舎には広がっていたのです。

お金を払う客なのに、おずおずと店内に入っていって、店の隅っこでドキドキしながらメニューを眺め、これまたおずおずと注文をして、音楽を聞くわけでもなく、コーヒーを味わうわけでもなく、そそくさとそこから逃げるように家へと戻っていく当時の私。間抜けで可愛すぎて頭を撫でてやりたいくらいです。w

そんな行動も週に数回繰り返すうちに、春先には資金切れで無事終了。次の大人へのステップは大学生になるまでお預けということにになった次第であります。

取り敢えず、これが大人と何の関係がある?という嫁さんからのツッコミは横において、、、それが私の’大人になった気分’を味わわせてくれた最初の儀式でありました。人生がまだまだシンプル&ストレートだった頃の佳き記憶でした。

人気ブログランキングへ

2017年4月20日木曜日

大人になった気分・閑話休題

ふとしたことで、今日は昔のことを思い出しました。

多分話したことはないと思うので嫁さんも知らんと思うのですが、高校生という大人に近づいているのだけれど実生活の上では生活力も何もない頃のある想い出を書いておこうと思います。

他愛ももない事なのですが、正月にまだお年玉をもらう側の立場だった高校二年生当時の私は、父方母方の二つの親戚の中でもほぼ一番目に近い歳上ということもあり、貰う側の中ではいつも最高額に近いお年玉をもらっていたのを覚えています。これは言ってみれば先に生まれたものの数少ない特権。w

一人あたり5千円から1万のお年玉を貰った時の喜びは高校生の私にとってはそれはそれは格別でした。実際、田舎の高校ではバイトをしてキャッシュを得るなどということは地方県立高校の学生にとってはまず夢のまた夢でした。今、都会に住んでいる(田舎もそうかな?)21世紀の高校生の皆さんには想像もつかないでしょう。いわゆる”20世紀の”田舎の県立高校の普通科に通うような田舎者にはバイトが見つかったり、バイクに乗っているのが見つかったりしたら停学とか職員会議が開かれるほどの犯罪だったんですよね。

というわけで、現金収入の道というのは実質閉ざされていたわけでして、こういった一年の中での最大の現金収入イベントはお正月だったわけです。

その年はキャッシュで10万近く集まるという実に効率の良い都市で自分が高校生になっいることを神に感謝するとともに、それをどう使うかということに”金を使うという習慣のない私なりに”考えてみたのでした。後で考えるとなんというレベルの低さかと呆れてしまうのですが、それもまた成長の痛みか・・・。

私がやったのはこんなことでした。まず、その十万近い万札の全てを千円札に交換。これはコッソリとしかも回数を踏んで両親や近所の店でバレないように収集。(<銀行というものに近寄ったことのないガキの考えそうなことです。)それを「束」として実感して「ああ、これが一万円札だったらこの厚さがほぼ100万円という単位のものなんだろうな〜」とニッコリ。次にそれを自分の部屋のカーペットの下に全部敷き詰めました。勿論、これを眺めている自分自身をも客観的に眺めていて、内心では「ああ、これぞ成金!w」と十分その愚かさを嗤っておりました。

そのお金でしたことと言えば・・・。明日また書きます。

人気ブログランキングへ

2017年4月19日水曜日

ポテチは本当に減っていた

ネットのニュースで最近”?”と思ったことの一つにカルビーがポテチの販売を一時的に辞めたことを発表したというもの。

何でかな〜と思っていたら、日経には「天候不順などの要因」が大き買ったものと推測されるなどという記事がありました。カルビーは品質を保った状態で販売したいため、独自に決定している自社品質に満たないものは売らない、と言う決定をしたとかしないとか。

真実はどのあたりにあるのかは外野の人間には知る由もありませんが、まあ、カルビーならそういったことをしてでも”評判”を維持するだけの余裕と判断力が有るのかもしれません。

実際に買い物に行くと、コンビニではそれほど目立たんなと思っていたのですが、MaxValuに行ってお菓子のコーナーを覗いた時に袋物のコーナーがゴッソリと空いていたので最初に見た瞬間は「??????」と思ったのですが、一秒で「あー。これがニュースで行ってたやつか!」と理解できました。たしかにあのスカスカぶりは一種異様でしたね。

しかし、来年以降もこういったことが重なるようだったら・・・。一体どうするんでしょう。万一と言うのはいつでも万一ですが、この程度の異常事態であれば万一とも言えず精々のところ十一くらいの感じで起こるような事象だと思うんですけどね。

まあ、これによって日本人の平均体重が数グラム低下し、中性脂肪やコレステロールの数字が若干でも低下するようであれば、それはそれで結構なことかな?

というのも、ポテチと言えば精神科病棟の患者さんが本当に大好きなものの筆頭と言って良い程のお菓子ですから。w

人気ブログランキングへ

2017年4月18日火曜日

IRSへ納税延長を送付

今日はアメリカ現地時間の日附の変わる前にあることを済ませました。

それはIRS(米国歳入庁、いわゆるアメリカにおいて日本の国税庁にあたるところ。)に対する税金のファイリングの延長要請書を送付することでした。その期限がアメリカの本日でしたので、夜に思い出してベッドから這い出てちょっと焦ってアメリカにLINEをしました。嫁さんに「やっといて〜」と言ったんですが、案の定送ったPDFの中に書いてある幾つかの数字書き込み方がわからず音声通話で泣きが入りました。

ちょっとムッとしたのですが、そんなこと言ってても埒が明きません。自分以外にそういうことをやる人間は我が家には当然居りませんので、そこは当然私がTurboTaxのFree filing Systemを使ってオンラインで処理。数分間で終了致しました。ええ、ええ、わかっておりますとも単に面倒くさかっただけなんですヨ!(〃´o`)=3 フゥ

これをやっておきさえすれば、取り敢えずは半年間のファイリング延長が認められますので、その間に今年からいろいろと内部事情の変わってしまった我が家の税金処理を時間をかけて考えることが出来ます。

まず我が家では今年から長女がDCで仕事を始めたため、家族の税金処理の枠から外れてしまうということで私が提出するファイリングの枠の中では控除の対象として使えません。
また、昨年の6月の時点で私がグリーンカードを返納しましたので、アメリカ側に税金の申告を必要とする収入の期間がその時点までのものとなる筈ですから、二国間の租税条約上は私がアメリカ側に払う税金額はゼロになる筈で、今までのように州税を二重取りされることもなくなります。

ただし、私の場合は家をVAに残しておりますので、この家の処分をしない限りは私は州にはちょこっとずつ所得税を払い続けなければならない筈。

なんか”ハズ”という案件ばかりですが、その辺りは今後の状況の変化次第で色々と変わるものと思われます。まず次女なのですが、合格した大学のうちどうもUVAは行かないと言うようなことを嫁さんに言っているらしくて、州内に住居を持っている意味自体がどうも無くなりそうです・・・。orz

理由はVAから出て、他の居住地を体験したいからということらしいんですが、どうも発想が長女と似ていて、もうね、お父さんはアウアウのupset状態ですよ。w

嬉しいのですが経済的には・・・と言う感じ。しかし、そういう娘に育ってくれたことを喜ばねばなりますまい。白飯と沢庵の四年間が始まりそうなH29年の春。

人気ブログランキングへ

2017年4月17日月曜日

春の嵐

もう春と呼ぶには気温が高すぎる感じもしますが・・・。

今日の雨は結構日本の広範囲で観測されたようですが、何と言っても風が強かったですね。場所にも依ったようですが、名古屋でも結構強い雨風でした。

昼過ぎには確実に窓にも吹き付ける感じの雨が降っていましたが、院内で当直をしていると外の変化が全くわかりません。外から戻ってきた人や、ナース・ステーションに夜食を届けに来た弁当屋さんなどの発言から、その雨と風が尋常ならざる強さであることを聞いて「えっ」と言う感じで病棟から少しだけ窓を開けて外を眺める始末。すると、本当に風は吹き込んで来るし雨はザーザー降ってるしと言うオジサンの言っていた意味がよくわかりました。

この時期にもこんな感じの当然の雨が日本の広範囲で降ることも有るんだなというのは小さな驚きでしたが、これも梅雨に入る前の雨雲側の予行演習なのかな。

東海地方での梅雨入りと梅雨明けの時期をここ数十年分調べてみると、気象庁のデータでは平均して6月の頭から7月の半ば過ぎくらいまでというのが最近のトレンドのようですから、いくらなんでも今回の雨風はそれとは縁がないものだと思います。

リッチモンドに居た頃は本当に毎日のようにそれこそ来る日も来る日もサンダーストームがやってきてはラジオの臨時ニュースでFMにガーガーピーピー割り込み放送が入ってきていたのを覚えています。よく考えると日本にも夕立というのがありますが、それとはちょっと長さが違いすぎましたので今回のはそれでもないし・・・。

まあ、結局は春の嵐という事で片がつくんですかね。
この後からいわゆる”初夏””真夏”が襲い掛かってくるのでしょうが、50すぎのオッサンは汗を残さず体臭対策にも励まなければなりますまい。w

人気ブログランキングへ

2017年4月16日日曜日

娘がモロッコから無事帰国

アメリカ時間の14日に下の娘がモロッコから無事帰国いたしました。

到着日にいきなり米によるシリアへのミサイル攻撃が始まり、オイオ〜イ!というのが親としての正直な気持ちでしたが、次女は本当に幸せ一杯で帰って来た様子がLINEから溢れ出てくる弾けるような会話から理解できました。

「すンンンンごく楽しかった!!」
「モロッコの人みんな優しかった」
「ホームステーのお母さん、ママみたいだった」
「パパもモロッコ好きだと思うよ」
「けしきすごかった」
「そしてものが安い!」
等々出てくる言葉は皆々ポジティブなものばかりで、私達親としてもその喜びぶりには”送り出した甲斐があった”と嬉しくなりました。

お小遣いとしては合計で270ドル使ったらしいのですが、それでも沢山買い込めたので大満足だったらしいです。私へのお土産っていうのも有るらしく、ラクダのベルトと山羊革の財布というチョッと日本ではあまり聞かない(私が知らんだけか。w)コンビネーションの革製品を買い込んできてくれたようです。ウェブを覗いてみると、山羊革製品に関してはこんな記事がありました。

さて、面倒な説明は避けて、娘が撮ってきた写真を数枚上げてお見せ致します。
フェズの俯瞰写真ですね。
同室になった学校のお友達のようです。
旅先のお母さんが出してくれたという如何にも!という美味しそうな地中海系の料理。
果物びっしりですね。
どこかの宮殿の中?それとも旅の宿か?
これもまた有名なフェズの写真。
ドンキーにドンキーの皮を運ばせているとはこれまた・・・。
異国情緒タップリですな〜!
映画のワンシーンみたいです。
もう一つの異国情緒
うまそうに食べてるチキンですな。

最後の写真はオマケです。私へのベルトと財布ですな。
まあ、お父ちゃんへの気遣いを見せてくれたということで、今回かかった旅行代は全てチャラと致しましょう。w

無事に帰ってきてくれて何より、しかも一生忘れられないような想い出とともに・・・。お金を出すこちらの方も出し甲斐があります。今後もこれからの長い人生において、より大きな旅をして欲しいものだと思うお父さんでした。
と同時に、また俺も旅したくなってきたぞ!

人気ブログランキングへ

2017年4月15日土曜日

オジサン嬉しいわ!

卓球のアジア選手権、やってくれましたね〜!

17歳の平野美宇選手が14日には2-0から逆転勝ちで世界一位を、準決勝ではストレートで世界二位を、決勝でもストレートで世界五位を砕け散らせる快勝で世界一に!!
無論アジア選手権と名前はついていますが、このアジア選手権には世界中のトップが集まってくることはもとより、あの大声援の中、アウェイで勝つという凄まじいプレッシャーも何のそのというのは紛れもない本物であることの証明ですわ。

21年ぶりの〜とかニュースでは出ていますが、その時勝ったのは中国から帰化したあの小山ちれ選手。そういう意味では正直な所、中国対中国の枠を超えていません。しかし今回は違う。
2013年からお世話になっている河北省出身?の劉潔コーチという(非常に美人の!<<余計な情報。w)方のもとでガンガン力をつけてきて、悔しかった去年の誕生日の想いを完全にかき消すかのような快勝です。

そもそも世界一の丁寧選手を2-0から破った時点でその実力もさることながら、いわゆる”波”にのっている状態であったろうことはまず間違いないのでしょうが、この子の良い所は負けず嫌いなだけでなく、あっけらかんと闘い続ける所でしょうか。信じられないメンタルコントロールの能力を持っていると思います。

今の日本の卓球は組織の大改革の成果が本当に今、開花しているって感じですね。
この子だけではなくポスト福原が次から次へと出てくることに驚くとともにその誰が世界一になってもおかしくないほど強くなってきている所にすばらしさを感じます。

こんな状態だと、全日本選手権に中国選手がわざわざ来たりするような日が来るのかも???

まあ、参加資格のことなども知りませんが日本人じゃないといけないのかな?中国のスーパーリーグは明らかにチームの所属者が国籍関係なく出ているようですから、本当に強くしたい時にはグローバル化は絶対に避けて通れない道だということは中国自身が図らずも示してくれたような気がします。

あとは、日本からも偉大なコーチが育ってくれることと、(シンクロナイズド・スイミングのように!)男子もあと一歩で負け続けている最後の薄そうで厚い壁を破って世界一になって欲しいものです。

ああ、それにしても素晴らしい!昔中学で卓球してたオジサンとしてはこの快挙は正直メチャうれしいです。

人気ブログランキングへ

2017年4月14日金曜日

後期高齢者の親父とLINE

いやはや面白かったです。

親父から突然電話が入ってきて「LINEで話が出来ると聞いたがどうすれば良い?」とのご相談。自分の親に向かってこう言っては何ですが、唐突に直立二足歩行を試みるチンパンジーに出会った気分です。

何でこんなことをいきなり聞いてきたんだろうと思ってちょっと尋ねてみると、「急にネット接続の表示が遅くなった」という理由がわからなかったから電話したのがそのきっかけだったそうです。というわけで、まずは手始めに親父に質問しました。

「もしかして、よく動画とか見てない?」と聞くと「いつも見てる」とのこと。orz
いきなりのビンゴでした。そこで、データ量とは何なのか、そしてデータ量が有るレベルを超えるとどうなるのかなどを手短に説明した所、幸いにも「ああ、ヤッパリそういうもんなのか!」と納得されたご様子でしたので、先程の親父からの質問にもどり、LINEをセットアップすることに・・・。

まず、親父の電話がらくらくスマホであることは自分が贈ったのでわかっていましたが、LINEの画面がそもそも自分が使っているiPhone上の画面と一緒なのかということになると全くわかりません。
そこで「例えばこんな画面になってないか?」といろいろと聞きながら先にそろそろと進むのですが、どうやらちょこっと異なるようでイロイロ苦闘した挙句に「うーん、わからんな〜」とのお返事でした。

私の方から親父の電話番号を便りにインバイトするようにメッセージを送ったのですが、どうも”あるセットアップ”をクリアしないと親父の電話では私の方の招待を送ることが出来ないようになっておりましたので、それが出来るようにドコモのお姉さんのところに行ってセットしてもらうように私のLINEのIDをテキストで送っておきました。

何にしろ、今日は親父にとってもわたしにとっても記念日。何でかというと親父と初めてテキストでメッセージをやり取りできたからです。わたしが大量にテキストを送って説明すると一言「わかった」。そしてまた、色々とテキストを送って説明したのですが「よくわかりません」とのこと。

この二行だけが親父からの返信でしたが、これは私にはマルコーニの大西洋横断無線通信レベルの快挙でした。

人気ブログランキングへ