2017年5月25日木曜日

またもやマイマイ婆さん!

今朝も久しぶりに冷えました。

冷えたと言っても気温ではなくて肝(キモ)の方。
何があったか簡単に言うと目の前をまさに”超常現象”のように70−80歳くらいの感じのお婆さんがカートを引きながらごめんごめんと言う素振りを周りに振りまきつつ道に飛び出してきたのです。

私の一台前に居たゴルフも急停止。私もそれが目に入ってはいたので内心「!!!!!!」という言葉にならない言葉が頭を巡って「前の車、気付け〜!」と声に出さず怒鳴っていたので、本当にゴルフがとまってくれてホッとしました。

もう本当に高齢者には申し訳ないんですが、あんな状況であんなところに飛び出してこられたら万一車に跳ねられてもそれは事故じゃなくて自殺ですわ。断言します、あれは自殺。
自分の母親が道路を渡る所を親父と見ていて二人で唖然としたことを以前このブログで書いたことがありましたが、本当に高齢者というのは横断歩道を渡るという行為が”賭け”になってしまってる人が多いんだなと思いました。生きていれば儲けものというような・・・。あれでは全国の高齢者の死亡事故が増えることはあっても減ることはないでしょうな。

交通教育を学校の授業で受けた小学低学年の子よりも程度が低い。それも遥かに低い。子供達はこれから学んで更に注意深くなっていくので進歩というものがりますが、年寄りにはそういった意味での改善を期待できる未来というものがない。

今日の一件で”ドラレコは必須”だなと強く思いました。自分が加害者にならされてしまった時に備え、己の責任を軽減するために自己防衛をしなければならないと思いました。(しかし、私の車はドラレコが装着しにくい車種だとイエローハットで言われたのでちょっと困っています。)

人気ブログランキングへ

2017年5月24日水曜日

間違った人物をトップに据えると・・・

最近、私の病院で看護部長が絡む案件で本当にレベルの低いインシデントが立て続けに起こっています。

70くらいの歳ですが、”働いた年月だけで”勲章を受賞(いわゆる永年功労という類の一番下のランク)したようなオバサンならぬお婆さんなのですが、もうね、まともに仕事が出来ない。
そのせいで若い看護地長や看護師、ヘルパーに至るまでいろいろな点で迷惑を被っています。

最悪なのは自分が理解できないことを遠ざけてしまうこと。歳をとって時代の本流となる技術や話題になかなかついて行けないというのは、まあ一般的な流れとしても、仕事に関連したことに関してはそれではマズイわけで、そういったことが連なってくると眼の前にちらつくのは「引退」と「世代交代」という現象であるべきです。

少なくともそういった”老害”で若い世代の足を引っ張るようなお荷物になったら本来は恥じて辞めるべきであって、そのようなポジションにしがみつく事によって、若い世代の邪魔をしたり全体の事業の流れを切断したりするようなことは老醜そのものと呼ばねばなりません。

全体を見通せない人間、技術について行けない人間、人の心が読めない人間が病院のようなテクノロジーと人の交差点のような施設に入ってきて組織の頭に”例え間違ってでも”立つと、その被害はまさに十年単位では済みません。

努力しても無駄とか、自分の仲良しの人間を重用するようなネポティズムが蔓延ると、まさに”組織が必要とする人間”ほど、その組織から流出することになります。だって、そんな人たちは外のまともな組織であれば立派に通用しますから。

このオバサンが看護部長になった経緯に関しては多くの話を伺ったのですが、もうそれこそ”人の厭らしさを凝縮したような話”が次から次へと出てきて反吐が出そうです。理事長の言うことでさえ聞かないという。w

人災が企業を滅ぼす例は最近の日本では枚挙に暇がありませんが、どうやら私の組織も、若手の力でこの人にお引き取りいただく方策を検討する時期なのかもしれません。

人気ブログランキングへ

2017年5月23日火曜日

ジェネレーション・ギャップ

病棟で若い看護師さん、同世代の看護師さんと言うようにいろいろな世代が混じって働いている時にある特定の話題について話が出た時よく「世代の差」というものを思い知らされます。

同じようなことは国を超えてアメリカでもあって、どんなテレビ番組を知っているかどんな歌を知っているかでその人の世代が判るというようなことは当然ありました。パーティーのときなどはそれで大いに盛り上がるのですが、日本育ちの私にはなかなか入りづらい話題です。(ギャップは世代のみならず、国や地域でもおおいにありますが、それが有るからこそ面白い!)

それでも、例えば日本人であることのリトマス試験紙はテレビ番組で言えばサザエさんを知っているか?と言うものではないかと思います。クレヨンしんちゃんや多くのアニメは今や海外に大量に輸出されておりますので、意外に中国人やイタリア人、アメリカ人でも、こちらがビックリするようなアニメを知っているというのは今ではごく日常の出来事です。
それでも、サザエさんは車で言えばクラウンのようなもので国内専用と言う匂いがあります。(一部輸出されているのかもしれませんが。)

ところで本題に戻りますと、今日病棟でオジサンがショックだったのは「はしれちょうとっきゅう」を知らない20代後半の女の子がいたことです。冷静になって考えれば自分たちが子供の頃に聞いていた童謡を今の子が知らないのは当然なんですが・・・。
あの「びゅわーん、びゅわーん、はしるー。あおいひかりのちょうとっきゅう!」というのを見たことも聞いたことも無いと言われた時は、流石に自分がオッサンなのだと強く自覚させられました。w

我らの世代ならほぼ全員が遺伝子の中に刻み込んでいるあの歌を「いや、聞いたこともないです」とそっけなく言われた時の私のアゴ落ちぶりは・・・。驚くと本当にポカーンと口が開くという事があるんですね。w

しかしそう言っている20代のその看護師さんもやがては同じことを繰り返すのは必定。そしてその世代もやがては歴史の露の中に消えていくのです。

人気ブログランキングへ

2017年5月22日月曜日

災害告知システムと日常

Yahooの「Yahoo防災速報」と言うソフトを使っています。

名前の通り種々の「災害」と名のつくものが発生した場合、それをスマホにインストールしている人に対して通知してくれるというものです。
お知らせしてくれる中身としては避難情報、地震情報、津波情報、豪雨情報、土砂災害、河川洪水、気象警報、熱中症情報、火山情報、国民保護情報、防犯情報、自治体からの緊急情報、お知らせ・・・等と続き、よくもまあこれだけの警報や情報告知システムを集めたもんだわ、と逆にインストールした自分が驚くほど。

こういうのってやっぱりネットの力そのものだと思います。こんなもの幾ら注意してても普通はわかりませんし、月イチの回覧板なんかで告知されて初めて「そうなんだ!」と思うようなものも多いですしね。あとはテレビやラジオなんでしょうが、私の家にはテレビがありませんので・・・。

中でも私が「凄い!」と心底驚いたのは地震情報ですね。以前も書いたと思うのですが、外来診療中にいきなりスマホがなって「地震です!注意してください」とかなんとか言ってきたときですね。
実際に波が到達して病院が揺れ出す数秒前に余裕で災害告知して、十分に身構える余裕というのがありました。”震度X以上なら告知”という設定ができますので、その大きさによる足切りも可能で大変便利です。

何故こんなことをここに書くかというと、寝ている時に夜中なのに高歌放吟している輩がいたので窓の外を見て歌っている若者を見たことと関連があります。w こういう時は通報があって変な奴がおる!と記録されることもありますので。
まあ、これがアメリカだったら”Shutaaaaap!”と大声が近所に響くか、警察が駆けつけてハイ終了と言うパターンなのですが、日本は通常そんな感じではないですからね。

これらの情報の中でも、私の日常の診療中でもスマホがピコピコとなって一番沢山警報として流れてくるのは「不審者等の通報の事案」ですね。特に不審者による子供や女性への声かけ事案や下半身を露出した輩の報告例が、時間・場所・不審者の風体とともに知らされるものでしょうか。しかも真っ昼間から。

その風体の報告を見てると「おい、オレか?」というようなものもチラホラ。私と歳や背格好の似ている世の中の変態の皆さん、日中から変なことはやめてください。w

人気ブログランキングへ

2017年5月21日日曜日

アメリカの家のレンタル・2

レントの借り手になられる方とメールや電話、そしてLINEも同時に使って遣り取りをしています。

結局、かなり細かい点に関する家の紹介を画像を使って行うことが出来ました。
家に置いていってそのまま使っていただく大型家電製品となる洗濯機、乾燥機、冷蔵庫、PCなどとともに家の内景をあちこち嫁さんに撮ってもらってそれをメールに添付してお見せしました。

あとは近所の学校のことや近隣のESOLの説明。入居した時の種々の電話やネットのコントラクトの話。更には家のガラージにそのまま残していく沢山のツールやキットその他もろもろのものについてザッと説明を加えさせてもらいました。

また、実際のコントラクトにおける月々のレントの額も提示させて頂き、十分に納得して頂きました。周りの相場も調べ上げ、このサイズの家としては大幅に安い”日本人価格”を提示させて頂きました。とりあえず、会社の出す家賃補助金内で済むということでしたので当方としても一安心いたしました。(また、赴任中は家賃は何年でも据え置きとしました!)

やはり前にも書いたように、顔を見知った人間的に大変信頼できる日本人の方の部下ということで、私としてはこれ以上に”無形では有るものの”信頼のおける保険は他にないと思っております。今度赴任される方にはちびっこ達が二人おられるようですが、その子達が家を少しくらい汚そうが傷つけようが私自身は全く気にもなりません。修理してしまえば良いことですので、なんてことないです。むしろ子供の年齢に合わせて私のお貸しした家で伸び伸びと育って教育が大成功してくれるのならそれ以上の喜びはありません。

小さな子供さん達は英語に苦しむ親を遥か後ろに残して”勝手に、普通に”英語を喋り始めますし、学校に行っている限りアッと言う間に読み書きも始めますので何の心配も要りませんしね。一番心配なのは通常そこに赴任される方の奥様でしょう。

私もNIHに居た頃色々なパターンを見てきましたが、奥さんが心を病んでしまって、研究を中途で切り上げて帰国せざるを得なかった家族というのが必ず何十軒のお宅に一つはあったのを覚えています。やはり言葉の通じない海外で「内向き」の生活しかできなかった奥様には大変なストレスがかかっていたのだろうと思います。

逆に言えば実際に外交的であった奥様方にしてみれば、まだまだもうちょっとアメリカを楽しみたい!などという方も居たことは事実。適性と心の持ちようで海外生活はいろいろと大きな変化を見せるものです。

私もこのファミリーが、我々自身が子供達を大きく育てた家でもう一度幸せな生活を再現して頂ければと心より願っております。

人気ブログランキングへ

2017年5月20日土曜日

大統領弾劾の予想

巷ではトランプ大統領が弾劾罷免されるかもなどという話が出回っています。

しかし、実際の所この人に対する弾劾が行われるにしてもそれが実現されるまでの道のりは実に長い長いものとなるのはわかっている人の間では当然の話であって、この数ヶ月や一年で結論が出るようなものとは”現時点での証拠”ではとても思えません。

先ず弾劾の決議案自体が提出されるかということもありますし、出されたとしてもそれを議会で多数派を占める共和党が認めるのかということも全く不明ですしね。

現時点で最も大切なのは種々の噂の解明。例えばこのオッサンが先ず持ってロシアと積極的にいろいろな事案に関して関わっていたのか、そしてそれならばどのような案件に関してアメリカの国益に反するような情報が漏れていたのか、そして選挙においてロシア側からのハッキングやソーシャルメディアの操作を含めたコントロールが行われていたのか等々の「多数の証明しなければならない疑惑」がゴロゴロと転がっていることこそが大問題です。

また、これらの案件に関して大統領が解任されたコミー元FBI長官に対して己が捜査対象になっているのかというのを聞いたことと、最終的に解任を通じて口封じを実行した経緯が明らかにされることで、この減らず口を叩き続ける馬鹿オジサンの尻に火をつけることが出来ます。

そこに至るまでの道は上に書き出したことを一つ一つ証明し続ける長い長い道のりであることは明白。結局のところ”もし”このオッサンが大統領を辞めざるを得なくなったとしても、それは罷免される前の辞任になるのではないでしょうか。無論、このオッサンが己に対する世間の世論が恐ろしく冷たいものになったことを自覚して初めてモノになるのでしょうが、問題はそれを自覚する能力に欠ける事。だとすると、逆に事態は延び延びになってアメリカ初の弾劾が成立する可能性がありますね。

多くの人は誤解されているようですが、実際は弾劾決議が出されたアメリカの大統領はたった二人で、第17代アンドリュー・ジョンソン、第42代ビル・クリントンのみです。しかも彼ら二人は最終的には逃げ切っている。ニクソンは上院の弾劾勧告が出た後、下院で同様の勧告が出て正式に裁判が始まる前に辞職しておりますのでね。

というわけで、もしオッサンに決議が出て裁判が始まって罷免されたら「アメリカ初」の辞めさせられる大統領になる可能性が出てきましたね。

ああ、それにしてもこのオッサンのTwitterでのつぶやき。馬鹿発見器という黄金の名称は未だに正しいようです。

人気ブログランキングへ

2017年5月19日金曜日

アメリカの家、レンタルに

アメリカの家をレンタルすることが本決まりになりそうです。

この方とメールで二回ほど遣り取りを行い質問とそれに対する私なりの詳細な返答をさせて頂きました。そして今日はお電話でお話をいたしました。お話をしていてよく居てよく理解できたのは、ともかく御家族を連れての初めての海外赴任ということで、大変いろいろと心配されているということでした。

というかそれが普通です。
あと子供さんのこれから数年に及ぶであろう教育に関すること。更には日常の様々なことに関する心配事など諸々。私自身がアメリカに行くときは段ボール箱一つとスーツケース1つで気軽にやってきて最低でも数年は研究をするつもりでしたので、まずは何も要らん!という感じで生活をはじめましたし、同じ人間だから言葉は違ってもまああんまり気にはせんでも良かろうと思っておりました。

しかし、嫁さん曰く「あなたのように何の心配もせずに他所の国に行って生活しようとする人間自体が普通ではない!」と当時は釘を刺されましたし、今では私もある程度大人になって、此の方の心配事も”常識と責任感を持たれる方”なら当然のことと考えます・・・。

まず取り敢えずは電話でお話をしながら、アメリカで嫁さんに撮ってもらった最近の家のあちこちの写真をこの方に送付し、それを互いのコンピューターで見ながら電話越しに説明をするという感じです。
一枚一枚の写真を見ながら説明していくといろいろと今まで言葉で説明していたことが具体的な「イメージ」として納得して頂けたようです。

私としてはこの家に次々にリノベーションを加えていこうと思っておりますので、最終的にはここに住まれる家族さん達が”気持ちよく”過ごしていただいて、安全な生活と安定した教育環境をゲットして頂ければ何よりと考えております。

さて、この後の進展や如何に。

人気ブログランキングへ

2017年5月18日木曜日

13年ぶりの再会!

今日はNIHにいた当時の旧友と13年ぶりの再会を果たしました。

彼は非常に優秀で、NIHにいた当時も糖尿病の研究で賞をNIHからもらうだけの立派な業績を残して東京女子医大にDMのドクターとして戻っていきました。

それから13年、時々メールをやり取りしたり正月の牙城のやり取りを続けてはいましたが、私自身がほとんどアメリカに居たことも有り、帰国してもなかなか名古屋と関東とでは用事でもない限り出会うこともありませんでした。
しかし、今回第60回日本糖尿病学会総会が名古屋であったため、「二人で飲もう!」ということになって名駅傍の居酒屋で食べて飲んで語り合いました。

会で分会の座長をしたり、ランチョンセミナーをしたり、まあ、いつの間にか雲の上の人になっておりました。
また、アメリカに居たときには未だほんの小学校低学年だった息子さんが東北大の医学部に進学していたり、娘さんが看護師さんになりたいと言っているとか、私の知らない3人目の子供さんができていたりと、聞くこと話すことお互いに驚くことばかり。月日の経過を互いに肌で感じ「そら俺達も歳取るわな〜w」となったのでした。

やはり彼の家でも教育にお金がかかるということで苦労している様子。どこでも同じような世代の同じような子を持つ環境の家では同じような悩みを持っているのだなと単純に感じた次第です。

それにしても13年ぶりの再会だったのに本当に昨日別れたようなお互いの距離感に改めて「やっぱ苦労した頃の想い出を海外でシェアしている連中」は本当に戦友と一緒だな・・・って改めて思った次第でした。またの再会を約して12時ちょっと前に駅前で別れました。

ところで、糖尿病学会のドクター達、糖尿の人達た~くさん居るんだそうです。w

人気ブログランキングへ

2017年5月17日水曜日

周りがひいてる女医さん

バイト先にソレナリの容姿なのに全く誰にも相手にされない女医さんがいます、と言うか近寄りたがらない。

私が週一回だけ行っているバイト先に、あとから入職されて常勤になられた女医さんです。(この先生は毎日行かれている。)最初の頃は私も普通に話していたのですが、何故か毎日いる周りの先生方はこの先生を割けている様子がありあり。おまけに看護師さん達もこの先生にだけは何となく敬語を使いつつ距離を置いているのがアリアリでした。

私も数回通勤してその先生を観察しているうちに、何故そういうよそよそしい雰囲気が醸成されているのかがわかるようになりました。w

それはその先生の特別な反応によるもの。

周りの先生方の分析によると自己愛性人格障害ではないかとのことなのですが、そこにいる間違いなく人格立派な院長先生の丁寧なsuggestionなどを実に失礼な態度で無視するのです。おまけに看護師さん達がいろいろ頼み事をしても気持ちよく受けるという感じは微塵もなく「私ですか?ハイ?」みたいな感じでの対応。

実はこの先生、出先の幾つもの在宅診療関連の施設でもいろいろと衝突されているらしく、あちこちから理事長先生の方にクレームが入っており「今後はあの先生をうちに送ってこないでくれ」みたいな事を言われているんだそうで、理事長先生も困り果てている感じとお見受けしました。

極めつけは医局でものを食べたり飲んだりする時の様子。するずるパリパリペチャペチャ・・・。如何に容姿がソレナリだろうとこれでは誰もが近づきがたいでしょう。こういったことは大人になるともう他の人は注意できません。恥をかかせることになりますからね。(注意して気づいてもらえば未だマシですが。)

恨むなら育てた親御さんを恨むべきか・・・。勉強が出来るだけではどうしようもないことが有るのでした。

人気ブログランキングへ

2017年5月16日火曜日

こんなに仲良かったか?

数日前、実家に電話しました。

まあ、母の日というのはついでの名目でして、実際には「生きているか、生きてるなら元気にしてるか、元気に動いてても母ちゃんのボケ具合はどうか?」などというものをまとめて確かめるためのLIVEスクリーニングでした。

親父の携帯に電話して元気そうに出てきて四方山話をしたのですが、あんなことこんなことを話しながら内心強く感じたのは「ああ、こんなに親父や母ちゃんと仲良かった事が今までの人生であったかいな〜」ということでした。大学出て子供を持つ歳になってからは間違いなく、大人同士の会話が成立していたのですが、今このときほどお互いが大笑いしながら納得づくの楽しい会話をすることが出来るようになったのは本当にこの数年。

私自身の心境の変化が一番大きいのではないかと思っています。基本的には”両親の弱さ・加齢”というものが私をして親の間違いやわがままを「しょうがねえな〜」というふうに受け止め流せるようになったことでしょう。他の成熟した方々からすれば「オマエ、50過ぎまでそんなことが出来んかったのか!?」と言われてしまうのを承知で書くしか無いところが恥ずかしいところなのですが・・・。

嫁さんの方は結婚前から私の両親とは大の仲良しで、何時も三人で私の大人気なさを(特に嫁さんは)たしなめていたのですが、遂に私も仲良しクラブ入りしたようです。

こうやって人生の最後のある時期を両親と大変仲良くなって終えることが出来たら素晴らしい事だと思うのですが、出来たらこのままこの状況が続きますように。(人生そうそうは上手くいかんのでしょうが!)

人気ブログランキングへ