2014年1月4日土曜日

嫁さんへの奉公 ファイヤーキング探し 二回目

残りのアメリカ滞在もわずかになってきました。

嫁さん奉公の残り時間を使って本日もアンティーク刈りです。w
今日向かったところはここんところ全く行っていなかったPetersburgです。以前も少し書いたと思うのですが、ここは大変に南北戦争と関係の深い歴史の街なのですが、その寂れ方も半端ではありません。

昔は白人の楽園のようだった都市も、この数十年は貧困黒人層の住む犯罪の街となってしまっています。(しかし、人口が減りすぎたせいで犯罪を起こす人自身さえその人口が減っているような感じの街で、どこに行っても空き地と空き家、そして、どこにでも止められる駐車スペースだらけのところです。)

そこにはたくさんアンティークショップがありそうな気がするのですが、実際にはここにあるアンティークショップはほぼ5-6件に限られるということ。
おまけにそのアンティークショップの中で嫁さんが欲しがるような食器類が売っているのは精々二軒ほどしかありませんが、今回はその二軒で嫁さんを喜ばせる発見が続きました。
一つは、レストランウェアというカップの3セット分(カップとヴェース)の発見でした。一つ28ドル(そしてそれの15%引き)で税込みほぼ25ドルx3でトータル75ドルのはずだったのですが、、、。ちょっと高いけど、まあこれから苦労をかける嫁さんへのご奉公だと思って買いました。
カードで払ったあとクルマに乗って移動し始めた時に嫁さんがレシートを見ると、何と一セット分の価格しかチャージされていないのでした、、、。何でこんな間違いをしたのでしょうか。(´ヘ`;)ウーム…。

2つ目はガラス食器なのに陶器のように見えるホワイトのファイヤキングのものですが、私には何が何だか、、、。

本日の成果を家に持って帰って洗う直前に展示したところ、家の娘達二人は母親に微妙なスマイルを浮かべて肩を叩いていました。w

人気ブログランキングへ

0 件のコメント: