2014年1月14日火曜日

沖縄料理

今日は医局の先生たちと連れ立って三人で沖縄料理を食べに近場まで歩いて行きました。

忘れていた医療行為を体と頭に思い出させながらの仕事ですので、まだまだ慣れるなどという状況には程遠く疲れてしまいます。一緒に働いておられる先生が懇切丁寧に教えてくださるので、それを目に焼き付けながらの仕事になります。
今のところはまだまだどこに何がるのかというのを習熟している段階で、婦長さんや看護婦さんからも手取り足取りの指導を受けています。

さて、そんな中、診療の終了後に連れ立って訪れた沖縄料理の店「南風」。今まで生きてきて沖縄の食べ物といえばちんすこう以外に自分では食べたことはなかったと思っているのですが、いかなるものが出されるのかと思って行ったら、実は沖縄料理のゴーヤチャンプルーや琉球そばだけではなく、ありとあらゆる九州関連の食い物も置かれていて、馬刺し、豚の角煮、海ぶどうを含む珍味シリーズなど日本に帰国したことを実感させる食べ物がドンドコドンドコ三人の胃袋に収まっていきました。

平日にもかかわらず、ブースやテーブルのあちこちにお客さんが座っていて、この店って結構人気があるのかなと思いました。ひと品ずつの料理はそれなりの値段で、三人が一時間ほど食べた時点で支払いは1万6千円。野郎三人の胃袋がパンパンになったのですからそれくらいはかかるのかもしれません。それを店の出掛けに先輩が「帰国祝い」ということで一人払いしてくださいました。只管有り難し。

明日からの新患受け持ちに備えて、先輩に迷惑をかけぬようにとぐっと気を引き締める自分でした。

人気ブログランキングへ

0 件のコメント: