2013年1月28日月曜日

信じられないような事故

今朝は目の前で信じられないような接触事故を見ました。
「3、2、1・・・はい」と言う感じで「ゆっくり」と発生。(笑)事故自体は私の目の前を真っ直ぐ走るミニバンの右側から巻き込むように近づいてきた若い女性の運転するポンティアックGTが、本当に信じられないような運転で「全く確認することも無く」 ぶち当たって来るという単純かつ豪快なもの。
こんな事故を目にすると、女性には悪いんですけど、女性ドライバーがサイドやルームミラーを合わせずに走ったり、サイドミラーがぶっ取れていても「平気で」運転する人達が居るのをみているので、余り事故で驚「け」ませんでした。(そういえばこの前オフィスから休憩時に下の道を眺めていたときも、二車線をゆっくり並行して走る二台の車の一台がいきなり右に曲がってきてガスッとぶつかっているのをあっけにとられて見てました。降りてきた車のドライバーはどちらも女性w)
 男性の事故と女性の事故と言うのは本当に質が違うような気がします。男の場合は速い運転スピードに起因したもの、女の場合は車の大きさ自体を体の感覚の延長線上のものとして認識できないが故に、「遅い運転でも」起きるもののような気がします。
男の事故はまあ、説明するまでも無いと思いますけど、女性の事故はどっちかというとスピードに関係なくサイドの擦り傷、削り傷、前後のバンパー接触等が異様に多いような気がします。 この前も書いた駐車場の事と同様、普通に運転できる女性も当然居ますが、いわゆる「ヘタ」な人の比率が半端でない気がします。あと、出口から出るときや左折右折のタイミングの取り方が非常に間抜けというのも個人的な感想ですね。早すぎ、遅すぎというか、ある速度で近づいてくる車両が自分の前を通り抜けるタイミングの自然な予測が「酷すぎる」気がします。
まあ、私は通常、道の脇に居る女性ドライバーを見たときには、猫が運転して居ると思えば光に飛び込んでくる動物として対処するようにしています。そうすれば、対応しない自分が悪いということで心も平静を保つことが出来ますから。(笑)(こんな糞ブログは女性などは読んでいないことをひそかに期待して。)
(これを読んだ嫁さんから即、差別だ!と言われました~。w )
人気ブログランキングへ

0 件のコメント: