2012年9月2日日曜日

サムスン、、、セコッ!w

モバイルフォンに関するインドの二人のカリスマ・ブロガー達を上手く利用しようとしたサムスンが逆に赤っ恥をかくハメになっているようです。w
実際に大本のリンクに入って詳細に経過に関する元記事を読んでみましたが、一言で言ってセコい。中身を読めば読むほど実にセコい。セコすぎる。本当にこの連中の考えてる事と言ったら、、、。実はこのブログだけでなく、そのリンク、更にそのコメント欄をずーっと読んでいくと、実はサムスンはこの手のことをインドに限らす、フランスやその他の国でもやらかしているみたいなんですね。
要するに、我が社の商品宣伝を会場でしてくれればそのイベントに参加するためのアゴアシを手配するよ~、というものです。酷いのは到着前からその手のことは避けたいというブロガー側とのコミュニケーションが上手く行かなくなった後、到着した後のそのインドから来たブロガー二人に対してベルリンからの帰国便や滞在中のホテルの手配を断ってきたというもの、、、。ちょっと有り得ないほどの低レベルの対応なんですが、これが実に驚くことに真実でして、この手の対応をしてきたことをTwitter上に上げていたのを看過できなかったNokiaが彼らのホテル代と飛行機運賃を出して助けてくれたというものです。
阿呆のサムスン、これらの超セコイ行為がtwitter、FB、ブログで軽々と1万以上の再拡散を受けた後、モバイルフォンのコミュニティーではサムスンのことをボロクソに叩きまくってます。高々一万ドルにも満たないであろう金を渋った挙句に、自らの手でブランドイメージの毀損を行うとか、、、企業の体質をものの見事に体現してるみたいですね。
ここで男を上げたのはノキア。勿論、企業としての計算は十分にあったのでしょうが、阿呆なサムスンのような轍は踏まないということでしょうか。こういったイメージ毀損は満貫の金を積んでも戻らないことが多々あります。例えば私にとってのソニーとか、日本航空とか。まあサムソンなんて最初から私にとってブランドでもなんでもありませんが。(猿真似という意味のアイコンではありますが~)w
人気ブログランキングへ

0 件のコメント: