2009年1月13日火曜日

ドメスティックバイオレンス・家庭内暴力(後編)

さて、家庭内暴力の話ですが、私が中学生くらいの頃は家庭内暴力といえば家庭の中で手を付けられない程暴れ、親に反抗する子供たちというのが普通の構図だったのですが、最近はそれがどちらかというと夫から妻への暴力とか、親から子供への暴力とか育児放棄とかを意味するような感じにシフトしてきたのではないかと感じています。いずれの話にしても家庭の中が荒れているわけで、逃げ場の無い被害者達が、親であれ子であれ狭い家の中で息を潜めるような出来事が起きていることに違いありません。私の場合は家庭内で夫が妻に感謝することはあっても肉体的に暴力を振るうなどというのがまず想像も出来ません。私の実家の場合は言葉の暴力で、どちらかというと母親の性格に問題があり、親父を小馬鹿にしたような軽口を叩き、それがいつも口火となって互いに火を噴くようないがみ合いになるのでした。子供心にも「何でこんな余計なことを親父に言うのだろう」といつも思っていましたし、気の強い母親はそれに対して返って来る怒りの言葉に決して折れることなく反論していました。要するに「賢くない」のです。傍で聞いていても「そこでそれを言う?」というような相手をカッカさせるような事を言って結局、また泥沼。賢い女性はたとえ相手が間違っていても、適当に上手に相手に花を持たせつつ結局は上手に旦那をコントロールしているものなのでしょうが、程度の低いところで意地の張り合いをしていたので、まあ、本当に犬猫と同じレベルの喧嘩でした。私も中学になって以降は完全に無視を決め込み、勉強中にやりだした時などは「外でやってくれ」と顔色一つ変えずに言うようになりました。心や体が成長している時には子供は本当に一生分の哲学的な事を考えるのではないかと当時の自分を振り返って思います。生きること、死ぬこと、良く生きるとは何か、考えるとは何か、そんな事を必死で考えている時に隣の部屋では犬猫レベルの喧嘩で二人が毒づきあっているのでした。(苦笑)まあ、親父にしてもそういう配偶者をお選びになった時点で既に失敗。(そして私はその失敗の末生まれてきた紛う事なき失敗作。){/hiyo_oro/}
本来、肢体不自由の子供を育てているのであればこそ、一致協力して事に当たらねばならぬ夫婦がこれとは、と本当に子供ながら情けなく思ったものです。今でもその思いは変わりませんし、私が大学を卒業した頃、一度だけ親の前でその当時のことをビシリと言ったら、苦虫を噛み潰したような苦笑いのような複雑な表情をして何も言いませんでした。
私は当時のことを振り返って時々複雑な思いに囚われます。一体あの時期に私がタイムマシンで私自身に会いに行ったら何を話すだろうとか本当に考えてしまうのです。本当にそういうことが出来るのなら今の我が家にシェルターを提供してあげるのですが。(笑)
世の中には私と同じようなそして私以上に悲惨なケースが本当に掃いて捨てるようにあります。愛し合って結婚したはずの配偶者に殴られ怯えて生活する奥さん、そして本来は甘えたい時期の子供が必死になって親からの暴力に耐え、知恵を絞って親の機嫌を取るなどというのは本来あってはならないことであると思います。
私は親父の拳骨というものを全否定するものではありませんが、それは本当に年に一度有るか無いか位の愛情の塊で無いといけないと思うし、無ければ無いに越したことはありません。ましてや、感情に任せて子供を体中痣だらけにするまで蹴ったり殴ったりというのは単に感情の抑制の効かなくなった状態であって、教育とは何の縁も無いものだと思います。実は母親の事も悪し様に書きましたが、親父も実はあの石原慎太郎に影響されて私を教育したというとんでもない一面を持っているのです。当時家の本棚にあの爺さんの書いた光文社かなんかから出された「スパルタ教育」とかいう本があり、それを時々盗み読むことがあったのですが、親父がそれを読んで「そのまんま」私にその書いてあることを当て嵌めようとしている事がマザマザと、子供なりに解りました。今でも損害賠償起こしたら勝てるかななどと思っていますが、まあ、あんな本を書く親父に育てられなくて良かったなと思いつつもその方針だけはしっかり押し付けられた俺は石原家の被害者達と同じだなと思いますね。
誰にでも精神的、肉体的に逃げる場所を与えることが人を人たらしめるもとなのではないかと真剣に思います。
今、この瞬間も心や体への暴力に怯え傷つき、最悪の場合は死に至る人々が居ることを考えるとその人たちが一刻も早くその地獄から逃げ出す上手な場所や方法を見出すことを願って止みません。それが子供達の場合、本当に周りの人間がその異状に気付き助け出してあげることが出来ることを、、、。
当時のボロボロだった自分のことを振り返るにつけ、彼らが何とか生き延びてその家から無事脱出できることを心から祈ります。

最後に一句。
「ネガティブな親でも反面教師なり」

何とか家を出るまで生き延びろ!

0 件のコメント: