2016年12月15日木曜日

今回は荷物が微妙に軽い

最近の搭乗手続きは本当にスマートですよね。

ネット上で簡単に情報を入れて自分で座りたい座席や料理まで選んであとは待つだけ。直ちに二次元の話コードが発行されてそれをスマホに出してエントリーでかざせばそのまま機内まで入っていけます。昔は紙のチケットを後生大事に抱えてそれを無くしたら全てが終わりみたいなところがありましたが、まさに隔世の感があります。

今日は更にナマモノを買い足していよいよの搭乗にむけての最後の荷物の”詰め”をしましたが、ギチギチに詰めても精々でかい方のスーツケースが20キロを切るくらいでしたので、いつも重量オーバーギリギリで運ぼうとする今までの搭乗とは少々勝手が違います。息子たち用にインスタント麺をたくさん詰めたっていうのが理由の一つではあるんですが。

おまけに小さなスーツケースはまだまだパンを詰め込むスペースが丸々有りますので、ここには多分飛行場で買い込んだ女性用の雑誌を数冊詰め込むことになるのではないかと推測されます。(毎度のことですので)

なんか今回はアメリカ向けの機内では「君の名は。」をやっているような事が書いてあったような気がするのですが、それは乗ってのお楽しみとしましょう。以前と比べて最近の機内映画は本当に最新作を必ず2−3作積み込んでくれている事がほとんどですので、実は以前と比べて国際線の飛行機に乗り込むのが苦痛ではなくなってきております。今回も幾つかのラインナップに期待したいところです。

まあ、幾つか嫁さんたちには納得されないチョイスもあるのかもしれませんがそれはまあ笑って赦していただくことにいたしましょう。w

人気ブログランキングへ

0 件のコメント: