2014年2月21日金曜日

久しぶりに感動

当直中にスケートのニュースが繰り返し流れていました。

通常はテレビも付けず読書と勉強とネットの3つのうちどれか、もしくはその幾つかを選んでコソコソしているのですが、今回は何気なくつけてみて思わず見入ってしまいました。
浅田真央選手がフリーで完璧なジャンプを次々と見せてくれた演技のことが何度も何度も流れていました。私自身はその芸術性の評価などのことはわかりませんが、他のトップ数人の選手と比べても誰よりも攻撃的でダイナミックな演技だと感じました。

ショートプログラムで転倒したことからは完全に吹っ切れた感じの素晴らしい演技で、成熟した女性が醸しだす美しく力強い演技が終わった直後に彼女が天を仰いで堪え切れずに流した涙は私の涙腺も完全に緩めました。
小さな頃から頑張って頑張って頑張って、母の死を乗り越え、不公正な審判を乗り越え、それでも文句一つ言わずに全てを乗り越えてきた彼女が最後にポロリと流した涙の意味を本当に理解できたのは極一部の人しかいないのでしょう。
アメリカで見ていたという嫁さんも、朝その感想を聞いたらもう涙腺崩壊と言ってました。

前にもちょこっと書いたようにこの手の「審美」が入る競技というのはタイムやボールなどで点数を競いあうスポーツと違って、ホームタウンデシジョンが大きい上に国の審判同士もいろいろと大きな問題があるので私は基本的に自分がこれは凄いなと感じた人が心のなかで「優勝」だと思うのですが、今回の彼女の演技は文句なくその「優勝」に値するものだと思いました。

彼女の心のなかで、今回のソチ・オリンピックはいろいろな意味で彼女の競技生活の集大成の一つだったのだろうと思いますが、糞マスゴミの余計な解説など完全に関係なしで、彼女の偉大な業績に最大限の尊敬と賛辞を送りたいと思います。

引退するもしないもまったくもって彼女次第。アマとしての彼女を見られなくなるのは残念な気もしますが、彼女は十二分に氷の上で闘ったと思います。あとはもう、スケートを純粋に愉しむ時期に来たと彼女が考えても誰もそれを否定することは出来ないでしょう。

あ、そう言えば銀メダルで国を上げてガタガタ文句を言っている某国の話もありましたが、、、口にするのも汚らしいのでやめます。w

人気ブログランキングへ

0 件のコメント: