2015年12月25日金曜日

俺は仏教徒と言いながら・・・

日本のクリスマスは若い男女の間では24日で終了するようです。

クリスマス「イブ」に彼女に渾身のプレゼントを贈り彼女の気持ちをゲット!というのがバブル期前後に最も盛り上がった我々の時代のクリスマスシーズンのハイライトでしたが、今もかけるお金の量は変わったとは言えプレゼントを送る男性諸氏は多いようです。
これって今でも男女の間で双方向性があるものなのかな?

アメリカでは実際にハロウィン終了と同時くらいにクリスマスツリーを飾って一ヶ月以上かけてクリスマスのその日を迎えるまでを味わい続けるわけです。そして最後に25日のクリスマスを皆で教会で祝うと言う感覚がなんでしょうが、アメリカに居た時もクリスチャンでない我々は特に宗教的な厳かさというものとは無関係でした。

まあ、クリスマスをどういう目的で祝おうが利用しようが実際はそれぞれの人にとってそれぞれの思惑が有るわけなんでしょうが、親になった今となっては単純に「プレゼント代にお金が消えていく期間」みたいな感じで捉えています。w
でも、その心をこめて準備した品物や気持ちでサンタから贈られたプレゼントを喜んでくれたらそれはそれで素敵なことですよね。(特にアメリカではお年玉の代わりみたいなもんですからね。)

そのうちこれも私たち夫婦にとって「孫」達にプレゼントを準備する期間になるのかな〜。

人気ブログランキングへ

0 件のコメント: