2011年9月4日日曜日

ワシントンDCで観光

今日は八時過ぎに家を出て、DCへ突入。
久し振りの「DC観光」だった。DC自体は何度も何度も用事があるたびに通過してはいるのだが、母を連れかつ家族全員での旅行となると本当に10年振りかというところだ。当時と違うのは第二次大戦のメモリアルが出来たこと位だろうが、久し振りに連れてきた母親はやはり当時の記憶のうち薄れていた部分を再度エンハンスしたようだった。
娘達もアートミュージアムを訪れ楽しみにしていた印象はその他の作品を時間をかけて見学できたようで、満足していた。そのあとはお決まりの博物館のおみやげ売り場で何枚かのポスターを購入した。自然史博物館では母親にホープダイヤモンドを見学してもらい、中をウロウロ。その後で公文書館を見て貰う予定だったのだが、余りの行列の長さに娘達からブーイングが出て已むなく中止となった。これはまた次回ということで。
DCの中心部を離れてダレス空港そばにあるほうの航空宇宙博物館分館を訪れた。ここは少し前からその存在に気づいては居たのだがなかなか訪れる機会がなかったのでこれ幸いとばかりに訪問。駐車料金は4時前の15ドルを払ったが十分に素晴らしい展示物群でした。広島に原爆を落としたエノラ・ゲイ。スペースシャトルに紫電改。ナチスのジェット、メッサーシュミット。人工衛星群にヘリコプターのプロトタイプからの変遷。何とも個人的にはもっとステイしたかったのですが、娘達には私が興奮している理由が解らず「???」状態でした。その後、タワーの頂上に登り管制塔の交信の様子や管制塔周辺の飛行機の状況が映ったレーダーを見ました。ここはう一度来てもいいかな~。
エノラ・ゲイ!心中複雑
SR71ブラックバード。私が知っているだけでもこれは結構あちこちの博物館でも展示されてますね。
言わずと知れた退役シャトル
これは特攻ロケット「桜花」です。衝撃的だったのは母親が桜花というものの存在を知らなかったことでした。orz 馬鹿陸軍のバカ役人が立てた外道の戦法で犠牲になった清き魂のことを考え無言になってしまいました。
これは入り口からタワーを撮ったところです。トップは七階建ての高さです。
見学終了後に、飛行場の直ぐ側にあるハイアットまで移動し、一旦荷物を置き、近くのレストンショッピング街に移動しお寿司や天麩羅を食べました。実際に今回の訪問におけるアメリカ最後の母の食事だったので、非常に美味しい日本食がアメリカでも食べられることを母が知って喜んでいました。

0 件のコメント: