2011年12月5日月曜日

病院へ

昔、日本に一時帰国した時に胃カメラをしてもらい、ピロリが検出された事があった。
その流れで一度除菌を試みたのだが、その後のアメリカに帰国してからの再検査を怠っていた。最近どうもゲップが出るし、ムカつきがここ一週間ほど出たり消えたりしていたので、「また来たかも?」と考え、今日は近所の診療所に予約を取って夜に行った。
車検した車を取りに行ったついで、という感じで嫁さんも一緒に来てくれた。また大げさに恩を売られましたので、素直に買い取りました。(笑)まあ、ピロリによる潰瘍なんかは放っておいて遷延化するともろに胃がんを発生させる素地になりますので、今回はピロリが出なければ出無かったでカメラの検査をするかも知れませんし、素直に今の検査手順に従うことにしています。日本で一度カメラによる検査をしたことを話したら、何とアメリカで有っても血液検査による保険適用から外れてしまい、直接検便からの検査ということになるようです。ああ、手間かかるな、、、ガックリ。orz
でっかい容器を先生がニヤニヤしながら持ってきて"Congratulations!"と大笑い。こっちは「は~~~」という長い嘆息です。wお互い医者同士、脱力笑いでした。
取り敢えずオメプラゾールを数日分処方してくれたので、今日から早速服用です。やれやれ、一病息災より無病息災が良いに決まってますな。

0 件のコメント: