2012年4月7日土曜日

リッチモンド日本語学校 入園・入学式

今日は帰国中の嫁さんの代理としてリッチモンド日本語学校の入学式のお手伝いに参加。
娘自身も中学校の入学式だったので、親としても顔を出さざるを得なかったのだが、八時前に顔を出すと役員の方達が既に忙しく立ちまわっておられて、私は役員の方の指示に従ってちょこちょこっと飾り付けをした後、用無しとなりました。
入学式では幼稚園生と小学1年生が現れて校長先生から記念の品を頂いていましたが、実に可愛くて小さくて、みんなキラキラ輝いていました。自分の子供達もついこの間まではあんな感じだったよな、、、と思いながら自分の顔から微笑みが消えませんでした。やっぱり、子供というのは社会全体が守り育ててあげなければならない共有財産だなとつくづく思いました。
引き続いての先生方の自己紹介とご挨拶も滞り無く終わり、新しく来られたご家族の方に日本語学校の設立趣意その他に関して説明をしなければならなかったのですが、、、何とも間抜けなことに、間違って校長先生相手に延々と数分間説明をしていたのでした。ガックリ。顔を知らないとこんな間抜けな事をしてしまうんですね。なんとも締まらない話でした。
夕方はコロッケを作って夕御飯。暫くしたら娘から「お父さんコロンビアは駄目だったよ~」と笑顔でやって来ました。まあ、物凄い倍率とハイレベルな競争ですから以前から、「難しいよ」と思っていたのでやっぱりなという感じでした。彼女にはグラジュエイトでここを狙って貰いたいものです。充分頑張ってきた娘を心の底から誇りに思います。本当の競争は大学を出てからだよ~!
人気ブログランキングへ

0 件のコメント: