2012年1月24日火曜日

忙しい時にはより忙しくなる~の法則

日々充実!というように書くとポジティブ。
忙しくて猫の手も借りたい!と言えば普通かも。
もう忙しくて息つく暇もありません!と書けばネガティブな感じ。

実際、自分の感覚的には上の三つのミックスなのだが、取り敢えずまだ上手く波に乗れている状態なのでこのまま二月の頭まで突入し、もうひとつのグラントも仕上げてしまう、ということにはならないか?(笑)とにかく、指導する相手が六人もいると、中堅どころの20代後半から30代頭の若手がどうしてもラボに常駐して欲しいな、と思ってしまいます。
どこのラボも人件費の捻出に四苦八苦で、日本のラボのようにお金を出して勉強する大学院生をこき使うシステムはここでは普通ではないので、なかなか知識と意欲と体力と(あと出来れば運)を兼ね備えた人間と言うのは居着きません。
時々伝え聞く有名ボスの超巨大ラボが信じられんくらい潤沢な資金を使って研究しているのを聞くこともありますが、そういうところは研究者が優秀なだけでなく、大学側の研究に対するサポートも実にシステマティックになっているようなことを色々と実例込みで伝え聞きます。例えばスタンフォードとか、ハーバードとか。ラボからベンチャーへは一直線ですし、その際の法的なアシスト、エンジェル・ファンドなども含めていろいろとあるのです。
文句を言わず頑張って研究資金を申請し続けなくてはいかんとはわかってはいるのですが、ホンマにこんなにグラントばっか書き続けてると正直「なんだかな~」というのが最近の感想です。w
人気ブログランキングへ

0 件のコメント: