2011年6月4日土曜日

列車に乗る~

今日は義母が来て二日目なのにその義母を巻き込んでのいきなりの我が家の年中行事が発動。
それはDillwynから列車に乗って楽しむ何時もの半日旅行です。下のグーグルストリートビューと右下のマップで見ていただくと解ると思いますが、「物凄い田舎」にある今は限定的な用途にしか使われていない路線にバージニアの列車好きの有志が年4回だけ走らせる中古の列車同乗会なのでした。この前の乗車に関してはこの時この時に書き込んでいますので、もし次回参加したい方が居られましたらどうぞ。;)
今回は11時20分に家を出て、12時半には目的地に到着、1時半には乗り込んで5時に出発地点に戻る旅でした。道中、娘はおばあちゃんと母親にベッタリで、嫁さんも楽しそうに時間を過ごしていたのですが、ある時間が過ぎてくると二人ともコックリコックリと船を漕ぎ出す始末。(笑)
何とものどかな道中は寒くもなく暑くもなく、最も快適な旅となりました。義母の方は未だ少し時差が抜けないので少し眠そうなのも仕方ないのですが、帰って来て早速ちゃっ、ちゃっと夕食を作ってくれました。
その後は皆でモノポリをしたのですが、ルールを知らぬ嫁さんの大暴走で上の娘の棚ぼた勝ち。(笑)私の勝利が手の上からすり抜けていきました、、、。
大きな地図で見る
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ

2 件のコメント:

norinori さんのコメント...

small Gさま・・・

記憶が定かではないのですが、この電車?か似たような電車に乗ったことがあります。途中でカウボーイが出てきて電車を止めた素敵なサプライズがあった事以外覚えていなくて・・・。息子さんの鉄男くんなんですね?
うちの長男もガチガチの鉄男くんで、鉄道会社に入るために今まで生きてきたと言っても過言ではない一途な息子です。

ちょっと懐かしくてコメントしちゃいました。

small G さんのコメント...

はい、まさにその列車です。
秋口のAutumn leaf rambler号は西部劇の再演をしてくれるバージョンですので、norinoriさんが息子さんと乗られて楽しまれた記憶は我が家でも同じようにシェア出来ますよ!
鉄男というのは多分男の子の多くにもともと刻み込まれた遺伝子なんでしょうね。それが発現すると、、、我家の息子やnorinoriさんの息子さんのように丸鉄になってしまうのではないでしょうか。w