2012年5月31日木曜日

食の安全!我が家の食べ物はチャイナ・フリー

我が家の食品はMADE IN CHINAを判る範囲で全て取り除いている。
理由は簡単。怖いから。中に入っているもの、添加物、素材の全てが信頼出来ないからです。なんせ、中国人自身が信じてないんだからお話にならないといってしまえばそれまでですが。(笑)ラボにいた中国人の女の子も、自分の赤ちゃんたちには必ず日本製の粉ミルクを飲ませていましたし、素材もアメリカ製もしくは他のアジアの国から輸入されてきている食材をアジアンマーケットで買ってくるという念の入れ様です。
我が家の場合そのきっかけになったのは、ネット上で色々と暴露される中国産野菜のジクロルボス、メタミドホスの使用に始まり、硫酸銅のか買った野菜、地溝油その他の「想像を絶する」汚染食品群のニュースがこれでもかとばかりに中国のネットから訳出されてくるのですから、その毒気に怖気づいたというのが本音です。もうたまったもんではありません。火のない所に煙は立たず。在米の中国人たちがあれほど用心深くなっているのには、間違い無く我々以上に中国から流れてくる情報を掴んでいるはずですからね~。
そもそも、一回だけ我が家も「間違えて」コリアンマーケットで、中国製の所謂「桃屋の江戸むらさき」風のご飯用ののりを買ってしまったことがあるんですが、まずもって蓋が開かない!w何故かというと、工作精度が低くて、ガラス瓶と金属の蓋の摺り合わせができていないから。仕方ないので、力づくで開けたまでは良かったんですが、その匂いを嗅いで本心からゾッとしました。何か今まで嗅いだことのない「ヤバイ」化学物質の匂いがしたのです。(笑)
速攻でゴミ箱行きとなりました。それ以来、如何なるものであろうと、中国製とラベルに書いてあるものにはお菓子から何から一切手を付けていません。飴玉一つにしても、中国製の飴玉とかロシアンルーレットをやっているみたいで、、、。
そういえば、最近は韓国製海苔も強い塩酸や硫酸が検出と聞いて以来、一切家族で食べなくなりましたね、、、。日本の味付け海苔、少々値が張ろうと家族の命には代えられません。手間暇と、品質が揃えば必然的に食い物はある程度高くてしかるべきものだ、と貧乏人ながら最近はそのことを痛切に感じるこの頃でした。
人気ブログランキングへ

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

初めてコメントします。
日本では餃子事件のあと中国回避の流れがあったにも関わらず、不景気や国内産野菜の高騰があると大手スーパーがこぞって中国産の野菜を生活防衛と称して売りに出しました。喜んでTVでコメントする人達にあきれます。我家は少人数であることも幸いしますが、チャイナ・フリー堅持したいと思っています。

small G さんのコメント...

いや、本当に食べ物の選択は「生存そのもの」ですから、これだけは妥協できませんよね。他の贅沢品を削ってでも、家族のために食べ物の安全性は確保したいものです。