2009年6月22日月曜日

ゲームマシン 11

全てのセットアップも終わりゲームをしてみることに。

World of Warcraftというのは知る人ぞ知るオンラインゲームの雄で、アメリカではHaloと並んでいつもゲーム好きの人間には知られた存在です。ちなみに既に世界で一千万コピー以上のアカウントがあるということですのでまあそれを運営しているサーバって言うのも凄いんだと思いたいのですが、、、。
この点に関しては多々不満あり。

さて、走らせて見た結果ですがもう今までのマシンには戻れないくらいスムーーーーースな画面の動き。
最高解像度で最高の画質設定でも一向にカクカクすることなくかつその設定で40-60fps行ってくれます。マウスを使ってグリグリグリグリと周囲の景色を回転させても何事もなかったように画面が廻ります。
WoWは本来、日本の物凄い画像処理能力を要求するようなレベルの美しい画面のゲームではないので、最高の解像度にしたところでこのマシンでももう充分にオーバースペックになっていることはこれで確認できました。:)
今まで、単に通信速度の問題に起因するラグなのだろうと思っていたDalaranの中でのカクツキも全く無くなった事に二度驚きました。これって画像処理の問題に起因したカクツキだったのかと、、、。

これでもう、画像のラグとかフリーズが問題になることはありません。

あとは自分のPVPの腕だけが問題なのです。orz

仕上がったマシンの写真は明日にでも載せます。

0 件のコメント: