2017年4月12日水曜日

北朝鮮はどう出るか

カール・ビンソンが動いてるとか、そろそろ行くぞとか、ネット上ではまことしやかにアメリカ軍の攻撃の可能性が今にも始まりそうな感じで囁かれておりますが’・・・。

実際の所どうなんでしょうね。部外者の私には本当に何もわかりませんし、第三者の流す情報もどこまで信じてよいのやら全くわからない所だらけです。
流されている情報は多くの場合二次情報、三次情報ばかりで、そのまたまとめサイトなどでの盛り上がりのそのまた更に伝聞というものばかり。二次情報くらいまでなら、納得の行くような情報分析が付帯していればまだ判断の材料にはなるのでしょうが、それ以外はさすがに使えねえな〜って感じがします。

もっとも、サイバーのレベルでは激しくワイヤード、ワイヤレスの別なく情報収集、情報破壊、インフラへの侵入とコントロールなどを昼夜を分かたずやっているでしょうから相手がどう出てくるかという点に関しては全く表から見えないレベルで深く深くお互いのことは分析しあっているような気がします。

アメリカも北朝鮮への攻撃前には日本に通知するというようなことを約束したなどと言ってはいるようですが、これなんかも危急の事態に直面していることを把握したため、直前の直前まで知らせることが出来ずに申し訳なかったと”事後に”言い訳すればよいだけの話。通知が本当にあると信じるのはお人好しレベルだと思います。

例えば、弾道ミサイルが日本に向けて飛び始めた段階で通知云々なんてことをしていたら全く間に合わないわけで、ここはバンバン迎撃ミサイルを打つと同時に北朝鮮のミサイル発射地点(多分ほぼ全てが事前に確認済み&移動式のものも全てトレースされているはず)に対して瞬殺の反撃を加えていくはず。(米軍への希望込みですが!)

でもな、本当は何も起こらない方がいいんですよね。起きたら韓国は間違いなく大崩壊。日本ももし攻撃を受けたら、想像を超えるただならぬ事態になるような気がします。

わたしが恐れるのは一発でも実弾が日本に落ちたら経済その他が大きな衝撃で揺さぶられるのみならず、右の世論が突出して抑えが効かなくなるんじゃないかと言うそっちの心配も。そうなると日本の左翼精力は多分”息も出来ない”くらい言論が封じ込められるはず。何と言っても空気が支配する国ですから。日本は。

役立たずとクズの集合体である民進や共産党がどうなろうがそんなことは私の知ったこっちゃありませんが、有るべきカウンターインテリジェンスが抑え込まれる事態は絶対に避けたい所です。9・11後のアメリカでさえそんな雰囲気でしたからね・・・。ソッチのほうがよほど怖い。

ともあれ、トッチャンボウヤ大人しくしてろ!っていうのが正直なところです。

人気ブログランキングへ

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

三代目、ろくなもんじゃないですねえ。
smallGさんもおっしゃってたけど、三代目と比べたら
あのお父さんでさえマシに見える・・・

small G さんのコメント...

正日はまだまだ瀬戸際を唱えるだけのハリボテでしたが、こいつは本物のミサイルを持ったマジキチなのでちょっと手ごわいと思います。
独裁が壊れるのは遠くない将来でしょうが、それも中国次第では緩衝地帯として生かさず殺さず飼育されていくはずなんでしょうが、最近は取扱を間違えたことに気づいたようで、中朝の関係もいよいよ風前の灯みたいですね。