2015年10月15日木曜日

帰国の途に・・・

まあ、いつもの事なのですが本日がまた日本への帰国の日となりました。

朝は下の娘を高校へ送りました。というか、ダレスの飛行場に行く途中に娘のPublic schoolがありますので、道すがら娘をドロップ。19歳になる息子は今日は高校をサボれてなんとなく嬉しそうです。
おまけに、何を勘違いしたのか自分が「もしかしたら」日本に帰れるのではないかと感じている様子。
可哀想なんですが、あと一年半は待たないといけません。

とりあえず何の渋滞にも遭遇せずスムースに飛行場に到着しました。
本日の運航便はANAの共同運航便であるUAで、全く同じ方向、同じ目的地に飛んで行くANAの40分ほどオシリをついていくいつもの便です。

UA803便ではやはり基本日本語が「上手」なスタッフは限られている感じで、機内アナウンスの日本語も「う〜ん、解る!わかるんだけども、微妙です。w」というような日本語。しかし言いたいことはヨーク解るので問題はありませんでした。

問題はシート。Bだったので、左参列有るシートの真ん中。誰が両脇に座るかによって大きく影響を受けるポジションです。今回は左窓側に二十代初頭の大学生風の女の子。右側に三十代後半?くらいの女性とうことで、右にも左にも変な眠って体をあずけるわけには参りません。オジサン、たとえアクシデンタルなものであろうともセクハラには注意しておりますのでね。w

オマケに777とは言えANA便よりも微妙にシートが狭い感じだし、リクライニングの角度が浅いし・・・。
映画も古いのが多いし!(やたら007物が多かった。)極めつけは米便特有の「飯の不味さ・・・」
この世のものとは思えません・・・w
誰が味見してOK出したらこんな不味い飯になるんやというような、激不味メシ!責任者出て来い。喧嘩売っとるんか?というような不味さでしたが、成長期真っ盛りのオジサンはきちんと完食したのでした。w
昔、母上に食べ物を残してはならないとしつけられましたので・・・。

それにしてもあまりにも眠れなくて到着直前には頭痛までしてくる始末。時差ボケと頭痛と私。何な昔の歌のタイトルに似たようなのがあったよ言うな。

結構東京に近づくと揺れてくれました。
東京からは成田エクスプレスとのぞみ号を乗り継いで8時20分に名古屋に着きました。結構ギリギリの乗り継ぎを繰り返したのでオジサン疲れましたよ。

家に帰り着いたら即でシャワーを浴びて爆睡いたしましたとさ。(でも変な時間に何度か目が冷めました。疲れてるのに、毎度のことではありますが・・・。)

人気ブログランキングへ

0 件のコメント: