2015年10月1日木曜日

いよいよアメリカへ

朝は四時五十分に起きました。

全然寝た気はしなかったのですが、五時半に藤が丘を出るバスに乗らなければ、余裕を持って成田発の便に乗り込めません。大きなスーツケース二つと小さな機内持ち込み用スーツケースに背中のキャリーバッグをあわせて計4つのカバンをそろそろと押しながらのバス停へのアクセスでしたが、余裕を持って出たつもりが比較的直前に到着してバスに乗り込みました。

中部国際空港では、嫁さんの指示通り新鮮な日本のパンや明太子を買い込むとともに、空港内の本屋の店先で店員さんに事情を説明し、女性向けの雑誌の並べられた書架を何枚も撮影した後それを嫁さんにLINEで送り、どの雑誌が欲しいかリクエストを聞きました。
結局帰ってきた返事はオレンジページとレタスクラブ。それに前もって出ていたリクエストの中にあった文庫本を数冊追加で買い込みお買い物リクエストへの返事を仕上げました。

すぐそばにある出発ターミナルへはわずか数十メートルと便利な所に本屋がありましたので助かりました。
今回の飛行機には沢山のベトナム人家族が乗り込んでいるのがわかりました。小さな子供連れが多く、十数年前の自分達の飛行機旅行の時と様子が頭の中で重なりました。

小さい子も、寝てくれれば助かるし、お父さんお母さんが抱えてあやしているうちはおとなしくて良いのですが、中にはほぼ絶対そういうことに反応せずに極めて機嫌が悪い状態で飛行機旅行を続けるような子も確かに居ます。
我が家の子供達はどちらかと言うと時差と興奮で眠りについてしまうほうでしたし、最悪でも抱っこしてやれば静かになっていました。

しかし、今日見た子供達は可哀想にそういったことには反応しない感じの子供達もやはり居て、お父さんが困った顔をしていました。まあ、そのうち笑い話になりますから、お父さん!w

そういえば、今回ANAのDC行きでも非常口脇に乗ったのですが、隣は幸いにも空きシートでした。
「やった〜!」と内心思っていたら、暫くしてベトナム人男性が隣にやってきて座りました。どうやら隣の子供連れの家族の主人のようでしたが、ジャンプシートに座ったCAさんから英語で「英語話せますか?ここは非常口ですから英語が話せない方はお座り頂けないのです。」と説明しているのですが、それ自体がわからない。w
仕方ないのでもう少し英語が話せる感じの奥さんのほうが英語でCAさんに話を聞き、ベトナム語で御主人に何か言ったらスゴスゴともとの自分の席に戻って行きました・・・。かわいそうに。

外国語の勉強って大切ですな。w どこで役に立つか判りません。

人気ブログランキングへ

2 件のコメント:

早苗高橋 さんのコメント...

たまたま海外ブログ見ていたらひっとしたのですが、もしかして10/1 11:00成田発 ワシントンD.C行きの便NH002ではなかったですか?私もその便乗っていて、入国の際、あなたの前にいたかもしれません❗そうだとしたら、偶然❗

small G さんのコメント...

ええ〜!

偶然、、、なんでしょうが、こういうことってあるもんですね。たしかにその便には乗っておりましたのでシンクロした可能性は十分あります。
ウム〜、悪いことは出来ないものです。w

もしかしたら楽器のケースを背中に抱えた二人連れの女性がいらっしゃいましたが???