2015年4月10日金曜日

娘達に会いにボルチモアへ

今日は朝早くからボルチモアへ移動しました。

朝の六時半前には家を出て、ボルチモアへ。最初の休憩地点までは嫁さんが運転してくれました。その後はチョットだけ渋滞はあったものの、春休みとはいえ現地は土曜の早朝。それほど酷く混むことも無く娘達の待つホプキンスのそばの下宿まで辿り着きました。下の娘もボルチモアで三泊四日で楽しんだので、多分疲れているはず。

到着した時に我々の到着にあわせて丁度部屋を空けてくれたルームメイトのユダヤ人の女の子と話をしたのですが、相変わらずの絶世の美女で驚くべきスタイルの持ち主であることに変わりはありませんでした。チョットアメリカでも見ないレベルのスタイルの持ち主なのですが、娘によると本人は脚の長いのがコンプレックスなんだそうで、、、。人は自分にないモノに憧れるだけでなく、有り過ぎるものも時には苦しめるようです。w
日本に行ったらあっという間にスーパーモデルとして、そこら辺の十把一絡げのテレビ・タレントを薙ぎ払い焼き尽くすだろうな〜等と考えながら彼女を見送りました。

その後娘が五階の自室から降りてきてくれたのですが、もう既に涙モード。何でかというと、本当はこれから一緒に家族で食事に行けたはずなのにサブマネジャーがチーフマネジャーに娘からの一ヶ月前に言っていた伝言を伝えていなかったために、シフトに組み込まれていたためです。
娘は勿論、娘のルームメイトの御両親もその話を聞いてカンカンに怒っていたそうですが、まあ、若いうちに仕事をするのも良いことよ!と言って慰めました。本当は一緒に行動したかったんですけどね。まあ、そのうち日本にまた招待いたしましょう。

娘をインナーハーバーで降ろした後、我々自身も駐車場に車を停めてハーバーのHard Rock Cafeや娘が働いているレストランをチョットだけ訪れて娘と去る前の最後の写真を撮りました。また泣いてましたけど。w

その後はお待ちかねのシーフード・レストランで蟹を食べたりして楽しい時間を過ごしました。それにしても嫁さんはまた牡蠣を二ダースも食べて、、、。頭おかしいです。w

帰りは嫁さんと二人でゆっくり運転して帰り、四時ちょっと過ぎに家に帰りつきました。

娘も元気で頑張っているようで、大変心強く感じました。また10月は会いに行きますかね!

人気ブログランキングへ

0 件のコメント: