2014年7月19日土曜日

大須に行ってみた! 20年ぶり?

今日は午前中に回診を終えたあと大須に行ってみることにしました。

大須にはここ名古屋に二年間だけ住んでいた18年ほど前の僅かな記憶があるだけです。私自身は大学院を卒業したばかりで、まだ一番上の子が未だ幼稚園にも行っていない歳、長男もまだまだ赤ん坊で長髪の頭に強烈なパーマがかかっていて、我が家では嫁さんと二人でクールファイブの宮本さんと呼んでいました。(歳バレネタですw)

しかも大須は近所にはあってもなかなか私自身が外出をひょいひょいするという人ではなかったこともあり、家族で行った記憶というのは一回きりでした。
しかもその時の唯一の記憶がまた結構へんてこりんなものでして、当時はやっていたポケモンのサトシの格好をしたがった長女がおでこのところに5センチほどの紙切れをセロテープで貼り付けて主人公の「さとし」になりきっていたころでした。挙句の果てには大須の商店街にあったしょぼーいお店にかけてあった短パンを買って更にサトシらしくなるという願望を叶えたまでは良かったのですが、そのあとその店の前で「サトシっていう名前のほうが良かった〜!XXXって名前は嫌だ!」と言い出したのでした。
それを聞いた私は激怒。w せっかく親が考えに考えてつけた和風の名前を否定するとは母親のお前の教育がなっとらんからだと言った挙句、娘自身にもサトシがいいならサトシに変えなさい。その代わりお父さんの子供じゃないけどいいね、とかなんとかそんな酷いことを言ったような記憶があります。orz

まあ愛情を否定されたような気になったのでしょうか、今なら笑って済ませるところですが子育ての心に余裕がなかったんでしょうね、単なる短気な大馬鹿者です。そして当然のごとく店の前で長女は大泣き。愚かな親でした、、、(今も変わりませんが)。

そんな大須のイメージは何となくショボくて、休日でも人通りの少ない暗いイメージがあったのですが今回行ってみて根本的に認識を改めることになりました。
ここのコメントに時々書き込んでくださるCHICHIさんの話もあったのですがまずはその大須の変貌ぶりを自分の目で確認ということで地下鉄にのって伏見から鶴舞線に乗りひと駅で大須観音駅につきました。
大須観音の境内です
観音通りと書いてありますよね、、、これが後々波紋を呼ぶのですが。w
駅から地上に出て大須観音の境内を通り次第にアーケードに近づいていきますとやたらと人が多い!
まずはこれで最初のイメージが違います。そして中にズンズン入って行くと更にアーケードの中のほうはもっと多くの人が居る上に沢山の種類の外国語が聞こえてきます。

オイオイなんだなんだこれ??昔とぜんぜん違うよ〜!というのが第一印象。

いい意味で裏切ってくれました。これはこれは、、、と思いつつ中を散策。JIN'Sのメガネサロンがあったので中で久し振りにメガネを一つ新調しました。このメガネ、我がメガネ人生で初めての遠近両用メガネです。w 取り敢えずは5000円の追加だけで遠近両用にできてかつ半年以内ならタダでレンズの補正なんかをしてくれるというエラい切符のいい話!
遠近両用のものなので直ぐには作れず工場からの直送となるとのことでしたがまあ、到着がたのしみです。
途中に有った昔ながらの陶器の販売店。
オバちゃんとオッチャンがまめまめしく働いていましたが最後に引いた商店街の割引くじで
三連続100円が当たり1300円分のアメリカ土産を大幅に安く手に入れることが出来ました。
私の前に引いたお兄ちゃん四枚ともスカだったんですが、、、。申し訳ないw
かわいいキーホルダーとかの店を含め小物屋さんが一杯有り、アメリカから来た娘たちが喜びそうです!
その後はもう少しだけ歩いてABC-MARTという靴屋さんで一足カジュアルの靴も新調しました。

実はこの後病院に戻って看護婦さんからある話を伺ってこの散策が半分しか成功していないことに気づくのですが、、、。
それはまた明日書くことにします。w

人気ブログランキングへ

0 件のコメント: