2014年4月24日木曜日

アメリカの医療保険

毎月の医療保険の支払いを始めています。

日本から家族の健康を守るために払い続けるお金は毎月、毎月千数百ドル。やっぱり日本のシステムは少なくとも家庭には優しく見える感じです。(その分、国家が莫大な借金としてその金を払い続けていますが、、、。)

やっぱりこういった支払いというのは積もりに積もっていくと年額で用意に百万超えますので、二国間にまたがって保険料を払い続けるというのは正に二家族を養っているようなもので、非常に効率が悪いです。
少なくとも嫁さんと息子という最小限のユニットたる家族が日本に戻ってくるまではこんな感じで払い続けなければならないのが辛いですね、、、。

それでも子供たちがそれぞれ独り立ちするまでは、こういった保険料のアシストなどをしてあげなければならないのがやはり我が家にとってはそれなりの経済的負担となって更に数年以上続きますので、実質的にはこれから最低7−8年はそんなに楽ではないのかな〜。orz

それにしても、health.govのダメなことダメなこと、、、アメリカのサイトとはとても思えないほど、(逆の意味でビックリするほど)インターフェースその他がダメですね。
オバマ政権、これが一期目だったら死んでるよな〜。

人気ブログランキングへ

0 件のコメント: