2014年3月21日金曜日

滅茶苦茶きな臭い

テレビを見ないのでネットの文面でしかクリミヤ情勢を見ていないんですが、BBC、CNN、そしてグーグルのニュースを見ているとなんか「とてつもなく」不味いことになっているような気がするんですけど、、、。

こういう状態で現政権でのアメリカの外交能力の低さと、腰の引け具合が完全に足下を見られる状態になってしまっているというのは非常に良くないです。ほんとに不味い。
この状況を見てすぐに連想するのは第二次大戦前のナチスに腰を引き続けたヨーロッパとイギリスの目論見の失敗。領土拡張という永遠の人間の宿痾を一人の人間に凝縮して体現させたかのような男が1930年台にもいましたが、この21世紀にも再び登場してきているような気がします。

ロシア的にはロシア崩壊に伴い無くし続けてきた「南への出口とヨーロッパへの回廊」を維持し、歴史的に制作として流し込み続けたクリミヤ地方へのロシア人移植がここに来て炸薬として十分に効いているのでしょう。今回の選挙が公正であったかどうかも不明な上にあからさまなロシア軍の国境集結とかホントにこのオッサンはネガティブな意味でありとあらゆることをヒトラーから学んでいるなと「寒心」します。

銃口を突きつけ合ってのチキンレースならまだしも、21世紀的な民主主義の理屈が「全く通用しない男」の前になすすべもなく踏み躙られていさまは前回の第一次世界大戦の時にも世界中の人が見ていたものではなかったか?
この、やたらと自分の筋肉と力を見せたがるもとKGBの中佐の中に滾っているものは多分、強烈なルサンチマンなのではないかと感じます。

オバマ政権がこういう状況で内憂外患の波間に漂っているようでは話になりませんが、これからの数カ月、「事」がどういうふうに動いていくのか注意深く見守らなければいけません。
資源を持つロシアには経済的な制裁も殆ど効かないような、軍事力も不味いレベルで未だに強大だし、、、。いや、、ガスの輸出差し止めを食らったらそれを補う力が西側にあればいいけど、、、。どうなんだろう。

こんなエリアに生まれなくてよかったとただただ感謝。

人気ブログランキングへ

0 件のコメント: