2014年1月16日木曜日

日本に帰国してからの食生活

リッチモンドに居る嫁さんに自分の今の食生活を知らせる目的での本日の日記。

日本に戻って何度か外食した話は電話で嫁さんに伝えました。実際に沖縄料理や台湾料理なども食べたのですが、基本は家での質素な食事です。お昼は病院の定食を食券を使って買って食べるシステムを使っています。
朝は基本的に日本の超絶に美味しい(アメリカのに比べて!)Pascoの食パンにバターを塗り、野菜ジュースとヤクルト、もしくはヨーグルト系の飲み物です。
では夜はどうかというと、これもあまり代わり映えせず、同じ食パンにバターの組み合わせ、そして今度はプレーンの脂肪分ゼロのヨーグルトの組み合わせだったり、実家の母親が送ってくれた(早く食べてしまわなければならない)生ラーメンをゆでて食べたりという感じです。ああ、早くも嫁さんの料理シック。w

こうやって書くと、なんだか手間隙かけてないアメリカ人の食卓のようですが、基本は大学時代の「貧しいけれどなんとか栄養のバランスをとりたいな〜」的な食事です。今食事を作ることに気合を入れる事ができない言い訳理由としては、まだニトリで来日翌日にオーダーしたはずのテーブルと椅子が家に来てなくて、20日まで待たなければいけないことです。

床の上に段ボール箱をおいて、(暖房が入っているとはいえ)比較的冷たい床の上に胡座をかいてシンプルな夕食や朝食を食べている中年のオッサンの姿というのは全く絵になりません。というか、寂しいものですね〜。
早くテーブルとベッドが来ないかと待ち焦がれてはいたのですが、最近ではもうまちくたびれてしまって、そういえばそんなものも注文しとったなーという感じですか、、、。

家の中が全て畳というような家ならその上での生活も問題ないのですが、ビニールタイプの板間での生活はそんな風雅を許してくれるだけの素地は全く持ちあわせておりません。w 畳間は私が今のところ布団を敷いて寝ている一部屋だけですからね。

早く来い来いテーブル君!&ネット接続!!

人気ブログランキングへ

0 件のコメント: