2013年12月11日水曜日

ベセスダへ

今日は昼過ぎからベセスダへと向かい、UJAのサイトの立ち上げやメンテ、データ解析その他までボランティアとしていくつも同時にこなしてくれているM嬢の日頃の御苦労に部分的にでも報いるために、車を飛ばしました。

他にも大事な目的があって、NIHのB先生と会うことと、新居に引っ越した旧友のNIHのインド人研究者であるVと会うことでした。ちょうど5時過ぎにベセスダにつきました。
大きな渋滞にも引っかからず、脇道をスイスイとやってこれたのもGPSのおかげでしたが、とりあえずベセスダの定番Rock Bottomへ集合ということでVと韓国人の彼女であるYさんとビールを飲み始め、近況に関するお互いの話で盛り上がりました。暫くするとそこへNIHで仕事を終えてきたB先生も合流。

更に話は盛り上がり、寒空の中、遠く離れたスペイン風?の食い物を出す二次会の会場へと移動しました。ここでは更にY先生とT先生、もう一人natureにco-authorで論文を出したばかりの女性の先生も加わり集団は大きくなっていきます。

段々と埒も無い話ばかりになっていきましたが、それぞれの小グループは盛り上がり続けています。更にこのグループは三次会へ、、、。まさかここまでとは思っていませんでしたが、少々腫れ気味の喉を擦りつつ、本当は閉めているはずの自分の日本料理店を無理して開けてくださっていた名古屋出身のオーナーに無理を承知でいろいろと頼み込んでお寿司や枝豆を用意してもらったのでした。

寒空の中、今晩の投宿先であるVの新居にお邪魔して更に彼の近況に関する真剣な討論と対話が続きました。無論そこにはビールが、、、。

しかし彼の話を効いていてじっと考えたのですが、世の中はいろいろと見えない所で見えない物が渦巻いているんですね。
単純な人生なんてどんな人のところにも、そして何処にも無いという思いを強くしました。

人気ブログランキングへ

0 件のコメント: