2013年12月25日水曜日

キンドルあげたクリスマス

クリスマスだからといって取り立てて何の行事もありませんでした。

上の娘にアマゾンのキンドル・ペーパーホワイトというのを贈ったくらいで、嫁さんと私同士、息子にも特になし。また下の娘には100ドル分の何らかの衣服を買ってもいいよ〜、という約束だけをしました。w 
まあ、いつものことですが、我が家は特に信心する神も無し、況やキリスト教を深く信心等ということもありませんのでこういった商業的習慣は(出来る限りw)華麗にスルー!

去年はチョコっとだけ凝っていましたが、通常はクリスマスツリーの下にアメリカ人のように、一ヶ月も前からプレゼントの山を築きあげるというようなことをしなくても子どもたちはそんなことには何も言及しませんし、サンタはいつも目の前にいることをもう随分と前から解っておりますので、、、。

今年はキンドルを手に入れた上の娘ですが、このリクエスト情報は嫁さん経由で何となく私の方へ漏れ伝わっておりましたので、もう三週間ほど前にはこの目に優しいというか、実際の本の読み心地に近いと言われているe-inkを使ったバージョンであるこのマシンを注文していました。

実際に届いたものを今日、娘が開封して使い始めてみたところを横からしばらく眺めていましたが、結構インク表示の遅延もあるにしても、それが残るようなことはなかったので合格かなという感じですね。
早速アマゾンのストアで本を買っていましたが、まずはフリーバージョンをダウンロードして使用し始めていました。彼女が即出してきた悩みは「今持っている大好きな本を電子版で持ち歩くか否か」ということのようでした。
例えばスタインベックの怒りの葡萄の様に何度も何度も読み返しているような本を買って持ち歩く?という感じのことでした。まあ、今学期も学業の方は頑張っているようなので、時折お父さんらしくドカンと大人買いを許しましょうかね、、、。

人気ブログランキングへ

0 件のコメント: