2013年12月29日日曜日

荷物を詰め終わった夜

一人帰国に備えての荷物の詰め込みが終わりました。

スーツケースは2つで、一つの方のほとんどの荷物は実験の道具。パイペットマン、ギルソン、ウェスタンのタンクやキャスティング・システム、あとは諸々の試薬やプラスティック・ウェア等で、お金を払って買おうとするとすぐに軽自動車が買える程度の金額になるレベルの荷物です。
もう一つのスーツケースは半分が日本ですぐに使う衣類、あとの半分はやはり実験の道具という具合です。w

実はスーツケースで持ち運べる荷物は今回の運行機の場合一つまでというケチな状況なので、この一個分余計に運ばねばならないスーツケースは$100の追加で運ぶことになります。
キャンペーン期間など、特別な場合をのぞいては徐々にこういったセコい運行規定になってきてますので、今後は昔のようにエコノミークラスでも二個までならフリー!なんていうことは減っていくんでしょうね。糞食らえですが。w

実は、あと一個たくさん荷物を運ぶ方法があります。それは機内持ち込み手荷物。
実は今回この手荷物に実家の母ちゃんから碌でもないリクエストがあって、それを運ばなければなくなってしまいました。何を運ぶかというと、ハーシーズの板チョコ99枚!一袋の長さが約40センチ。幅が10センチ位のもので、一つ一つは大したことないんですが、これを99個も持って帰るとなると、機内持ち込み手荷物タイプのプラスチックスーツケースの片面半分+αがこのチョコで埋まってしまうという豪快な状況でした。
おまけにこの機内持ち込み手荷物が17キロ!殆どはチョコレートによるものです。母ちゃん勘弁してくれ、、、。orz

 一体全体、一人旅の男が怪しい実験器具と共に手荷物の半分以上を占めるブラックチョコレート入の機内手荷物を見て怪しまないほうが不思議です。チョコレートのせいで今回の日本への移動が留め置かれたりしたら、チョコレートに起因したPTSDになりそうです。w

さあ、出発まで十日を切りました。

人気ブログランキングへ

0 件のコメント: