2013年10月29日火曜日

人を平気で騙す人達

阪急ホテルやリッツカールトンといったいわゆる「ブランド」もののホテルでの食材偽装が日本では派手に騒がれているようですが、私的な感想は「やっぱりそういうもんか、、、」と言う位です。

別に驚きもありません。「信頼してみたかった」なんて言うのは、こういう格式の高いところであれば顧客であれば言ってみたい台詞では有りますが(こういったことは中国ほど非人間的な食材?(危険な代替物)を使っているほど酷くは無いものの)、近年手を変え品を変え、場所や店を替えておきている、と言うか表沙汰になっていることですし。
有名料亭を始めとして、老舗と言われるところでも使い回した食材で安く上げて利益に計上しているところも沢山あるわけですから、それがホテルだったからと言って今更驚けと言うほうが無理というもの。(私の地元の激安中華で有名な老舗には、出されたちゃんぽんの蒲鉾に歯型が付いていたというまことしやかな伝説さえ有りますが。w)

一旦良心のタガが外れてしまえばどこまでも堕していくのがこういった悪事でしょうから、多分表に出てきたことは「色々有ったことの一部」なんでしょう。

これを声高に非難しているマスゴミも当然沢山いますが、蓋を開けてみればその新聞社そのものや、その新聞社と資本が繋がっているテレビ局などでも「やらせ番組」なんかで歴史的にも現在進行形のものとしても、もうズダボロなわけで、「お前が言うか?」という言葉しか彼らには贈れ無いんですけどね、、、。w

毎度のことながら、こういった事はこういうサービス業の世界に留まらず、我々研究者の世界でも「偽装」とは呼ばれず「捏造」の名の下に近年急激に非難の波がネット上での暴露を中心に盛り上がる形で表沙汰になってきています。
研究者のコミュニティに属するものとしては、こういった運動が盛り上がってくるのは恥ずかしいことではあるのですが、自浄作用が働いてきているという意味では科学のためには良いことだと思います。しかしそれでも、これに対して予想される「捏造科学者として生きてきた一群の人達」の中のこれからの動きには大きく分けて二種類あるかと。
一つは今までやっていた輩も流石にヤバさを感じて少なくとも自粛する方向に動くと言うもの。もう一つはより高度なテクニックで巧妙に捏造しようとする全く懲りない連中。

このブログでもちょこちょこ書いてきたことなんですが、学問の世界で近年これだけショッキングな捏造問題がぼこぼこ持ち上がっているのに、未だそういった事をやる輩がいるのかと外の世界の一般的な感覚を持った人達から当然言われそうですが、まあ見ていてください。今日も明日もシコシコと捏造に励んでデータ出してくる連中がウジャウジャ居ますから。w

何年後にばれるのか、直ぐばれるのかそれともばれないのかは分かりませんが、自分のポジションアップの為にはそういった類の事を一切無視し続ける連中は幾らでもこの世界には居ます。
(まあ、この世界に限らず何処でもでしょうが!)必ずこれからそういった連中は炙りだされて磔にされるような事件が起こり続けるでしょう。

実験結果というのは、他の多くの科学者達の手によって再現性が確認できないものは、忘れ去られるか無視されるか炙りだされて叩かれるかの何れかです。
いわゆるcell, nature, scienceというような有名論文に載っても全くと言っていいほど引用されないようなものも膨大な数にのぼりますし、再現性無く叩かれまくるものもこれまた沢山あるという事実。
有名でない雑誌に載った小さなストーリーが、後になってみればノーベル賞を獲得したような画期的なものだったなどというような話なんてこれまた掃いて捨てるほどあります。
こういった論文は「最終的には」膨大な数の引用を産む事が多いのです。少なくともサイエンティストは自分のポジション獲得や予算獲得のためという理由で捏造データを出して他の科学者のコミュニティーに混乱を導入したり無駄な時間を追試に使わせてはならないと強く言いたいです。

功成り名を遂げるのは、努力、目の付け所、運、仲間、その他諸々の総合的な結果であって、捏造したデータでそういった偽のポジションを掴んだものは必ず排除していかなければならないでしょう。こういった連中が、日本の大学に限らずアメリカにもウジャウジャいるのは色々な風評で感じますし、私自身幾つかの旧ラボの周辺でそういった事件を沢山見てきましたから、、、。

まあ、実際のところ功成り名を遂げる事を目標にすること自体の必要性が本来どこにもないと私は思うのですが。それが生きるエネルギーになっている方たちはそれをダークフォースの方に使わないでくださいね。心よりお願い致します。w (バレたら経歴どころか家族の生活まで含めて全てが吹っ飛びますし!)

人気ブログランキングへ

0 件のコメント: