2013年8月20日火曜日

犬とチョコレート・2

結局娘は朝の7時くらいまで起きていました。
代謝による半減期は17時間半なので、食べてから八時間ほどは経過を必死で見ていたことになります。途中、頻尿や異常行動、嘔吐、下痢など一切ありませんでしたが、時折胸を触って拍動を採ってみた時何となく徐脈気味かな~?という気もしたのですがすっかり寝付いたような眼で私を見上げていたような感じの時だったので、単に安静時脈拍という感じだったのかもしれません。実際24時間経った時点で心拍を触った感じでは昨夜のチョコレート事件の7時間後ほどの脈の感じとほぼ同じでしたので、、、。
取り敢えず朝までの時点で「少なくとも」今回のチョコレート誤食の件は問題無さそうだということがほぼ間違いなくなったので、娘には「もう寝なさい」と言いました。
感受性の差なども様々なのでしょうが、我が家の犬はどうやらそこまでチョコレートに感受性のある個体では無いようですね。悪食は飼い主と一緒ということか?w
何はともあれ今回のことでいろいろと懲りたようです。何しろアクシデントとしては既に2アウト!二度あることは三度あるといいます。今までは二、三年に一度の感じでこんなアクシデントを経験していますが、いくら注意していても犬は甘いものが大好きです。少なくとも大きなブロックのチョコレートは買わない、チョコをまとまった単位で買わない、一箇所にチョコを集めるような事はせず最悪でも高いところにおいて鍵のついた所にきちんとしまうというのがfail safeの思想的には最善の手段かと思われます。
ああ、それにしても下の娘に将来生まれるであろう孫の育児手伝いが「既に」今から思いやられますわ、ホンマに、、、。orz
人気ブログランキングへ

0 件のコメント: