2013年8月13日火曜日

ロケット打ち上げ!

NASAのWallops flight facilityへ行ってきました。
深夜に家を出発してバージニア・ビーチへ一旦走り、それからルート13に入りひたすら北上し、途中で長大なChesapeake Bay Bridgeをわたりました。
どこまで行ってもずっと橋、、、日本では有り得ないスケールです。
制限速度は55マイル/hr、写真では一マイルオーバーしてます!!w
これは既に帰る途中の写真です。
真っ暗な闇の中、橋をわたっているとところどころで待ち構えている警察車両が有りましたが、それも安全運転をしていれば何の問題も無しです。時々信じられないような速度で追い抜いていく車がありましたが捕まらなかったのかな?
都合4時間弱を走ったところで打ち上げを見ることの出来るfacilityに到着しました。朝の五時過ぎですからこんな辺鄙なところまでどれほどの車と人が集まっているのか興味津々でしたが、既に30台ほどの車が駐車場にありました。中の建物に入ってみると、Go or not Goを決める30分前の状態で、しばらくしたらGO!のアナウンス。雲も殆ど無く、朝焼けの中に「多分アレだろう」と思えるような発射施設らしい灯りが見えますが如何せん4マイルも向こうですから確認のしようもありません。
干潟のど真ん中にあるために、大量の藪蚊とハエに苦しめられつつもカウントダウンを待っていると朝の六時に近づいてアナウンスが忙しくなってきました。暫くするとThree,Two,One! Lift Off!!の声とともに遥か彼方で閃光が上がったと思ったら信じられない速さで上昇していきました。そのあと光が消えたと思ったら更に数秒後、轟音とともに第二弾ロケットの点火。(この時聞こえてきたのは発射時の音)
みんなの「オーーー」という声とともに100人前後の人々から拍手が起こりました。僅かな雲を残して打ち上がったロケットは僅か10秒ちょっとのイベントだったんですが、私には素敵なものでした。
ただ、家族にとっては「?」という感じだったようで、11メートル前後の小型ロケットでは満足できなかったのかも。 どうやらサターンV型のような巨大なものをイメージしていたようでした。
これはオフィシャルサイトからのものです
何れにしても私には次の目標が出来ました。絶対大型ロケットの発射をこの目で見る!というものです。嫁さんは一緒には来ないだろうな~。
人気ブログランキングへ

0 件のコメント: