2013年7月11日木曜日

犬は寂しがり屋ですな

犬というのはつくづく「カマッテちゃん」なんだなと思ったのはここ一ヶ月の観察から理解したことです。
前にも書いたんですが、うちの猫は獣医曰く変わってるといえるくらいだれにでも人懐っこく擦り寄ってくる奴なんですが、だからと言って相手にしなくても特に何か変わった様子を見せるわけではありません。しかし、この6歳になったヨーキーは何時まで経っても人との交流がなければ元気が出ないタイプのようです。何時も遊んでくれて、一緒に寝てくれる怠け者の下の娘とのじゃれ合いが無くなってほぼ一ヶ月、極たまには私も撫でてやったり抱っこしてあげたりはしますが、娘のように激しく相手をして遊んでやるようなことはありません。
ああいった激しい遊びが犬にとっては普通になってしまっているせいでしょうか、構ってあげない私のもとでは自然と大人びてしまってます。
ここ一ヶ月、明らかに犬の方もシューンとなってしまいまして、吠えることもなければ変に噛むこともありません。(もともと家族の中でも私にだけは決して噛むようなことはしませんでしたが。)
取り敢えずは何となく食欲が落ちてそうだなというのは間違いないのですが、わざと一緒の部屋にいるときに限って餌もポリポリ食べたりしますのでやっぱり同じ部屋にいて相手してやらんとあかんのかもな~、などと考えてしまいます。
散歩には大喜びで行くし、ご飯はいつ食べてるのか走りませんが日に二、三回はごくまっとうな形と量の便通もありますからまあ問題はないと思うのですが、、、。
取り敢えずどうやら身体にダニがちょこっと付いているようなので、土曜日の午前中にでも定期健診を兼ねて獣医のところに連れて行ってやろうと思います。
人気ブログランキングへ

0 件のコメント: