2013年2月24日日曜日

最近のYouTubeは、、、

最近、YouTubeを見ていて非常に煩わしいと感じます。
それは言うまでも無い事ですが「宣伝」が入ることです。その入り方の頻度が急に上がってきてるような気がするのです。
画面上の宣伝の入り方にも幾つかあって、キャストされる画面全体の下二センチくらいの帯状の部分にブロックを入れるものが一つ。これは何種類か挿入のパターンがあるようで、最初に登場して終わるものと、何度も何度も登場するものがあり、右上のチェックボックスをクリックしない限り消えてはくれません。まあ、問題にはならないのですが、英語以外の映画などの翻訳がこれで見えなくなるのは困りものです。
次のタイプは映像を出す前に何と一分以上の宣伝を「強制的に」見せるもので、これがまた低レベルのネット上での恋人探しのウェブサイトの宣伝だったりするのでこれが入った瞬間「イラッ」としてしまいます。どこにも消せるチェックボックスなど無く、スキップも不可。こういうときは視聴自体を止めて直ぐに消してしまうか、音声をゼロにしてそれが終わるまでやり過ごします。w
更にもう一つのパターンは(最近最も多いと感じているのですが!)最初にムービーが入ってきてそれを最低5秒は視聴しなければスキップできないと言うものです。これ自体はもう慣れたものでスキップを押すと言う行為にも慣れてしまいました。しかし、こういう形でしかエクスペリエンスを提供出来ないのかなと、疑問にも思いますね。これくらいだったらグーグルに月10ドルくらいずつ払って全くの広告無しの画面に入れたほうがよっぽどましです。
ほぼ100%見たくも無い広告を見せ付けられての動画視聴なんていうのは多分近未来的には過去の話になるのではないかと思ってます。多分、この構図は近い将来間違いなくやってくるグーグルファイバーの時代になればこの制約から外れたサービスを得られることになることを望むものです。
人気ブログランキングへ

0 件のコメント: