2013年2月14日木曜日

車のドネーション

去年の分の税金還付には関係ありませんが、ここ一年ほどガレージの前でエンジン不調の為ずっとお休み状態だった2001年製のカローラを慈善団体に寄付しました。
この国では不要になった自家用車を売らずに慈善団体に寄付するという行為は非常に日常的なことで、以前のように大きく節税に使われるようなことはなくなりましたが、それに関係なく今でも普通に寄付されます。もちろん評価は車の状態次第ですが、車は部品単位で売られるか、そのものを少し手を入れた状態で貧困家族で車を必要とされる家庭に送られたり、そのまま売られてそのお金が慈善団体の資金になったりというサイクルです。
まあ、幾らの評価になろうと関係なくて、一年以上そのままでガレージの前に鎮座していたカローラが他の人の為に役に立つのなら本望です。
実はこの車、NIHに居た頃にお世話になった日本人の先生から本当に三年落ち前後の新車同様の車を何と当時の相場の半値以下で譲っていただいたものです。この車にはいろいろな意味で本当にお世話になり続け、子供達がまだ小さかった頃のいろいろな家族の行事を皆この車でいろいろとこなしたのでした。残念ながら、この年代のカローラが元々持っていたリコール対象になっていたオイル供給の問題で、エンジンが軽い焼付けを起こしてしまい、最後はこのようなことになってしまいました。
ショップ用のエンジンマニュアルその他まで買って、修理の準備をしていたのですが、メカショップでのドリリングとその他の手間隙を考えるとどう考えても中古価格を超えることが明白になってしまい、途中で中止となりました。残念でしたがスペースの関係でどうしても修理用の置き場がなくなってしまい、この度のドネーションとなりました。
このカローラが第二の人生を迎えるのか、それとも部品に分解されるのか、、、どちらにしても有用な次のステップを迎えて欲しいと願うのでした。
人気ブログランキングへ

0 件のコメント: