2013年1月18日金曜日

J-RAV二回目!

今日は月一で催されるリッチモンドの研究者達の会合J-RAVの第二回目の集まりがありました。
前回の研究者間の相互紹介も終了し、今回からいよいよ個人の研究者の発表開始です。今回はトップ・バッターとしてCancer Cellにその論文を出したばかりのN先生がその充実した発表をしてくださいました。実際はその内容を詳細に突き詰めていくと丸一日でも質疑応答が続きそうなコンテンツでしたが、ここはまず当たりをつけるという意味で実に要領良くまとめられたきれいなスライドが続きました。
今回からはアルコールをサーブする許可が出ましたので、それをちょこっと口につけてのミーティングでしたので、中には顔を真っ赤にして居られる下戸の先生も居られましたが、総じて皆さん楽しまれていたと思います。
分野の違う研究者が集って、他人の見ず知らずの研究内容に関して和やかな雰囲気であれこれと質疑応答できるというのは、まず滅多に無い機会ですのでこういった会合は実に貴重です。また、他の人の研究のテーマや手法の中に自分のリサーチの種になるようなものが含まれていることも多いですし、逆に質問によってその研究にメリハリが付くような事もごく普通です。
今後ともこの定期会合が末永く続きますことを、、、。
人気ブログランキングへ

0 件のコメント: