2012年11月13日火曜日

何という敗北

今までホームとアウェイの両方で二年立て続けに叩き潰し続けてきたショッカーズことWichita stateに二点差で敗れた。しかもホームで。
このチーム、もちろん強いチームで今まで我々VCUと戦って勝とうが負けようが必ず三点差以内の勝負だったという「永遠のライバル状態」のチーム。今回、図らずもそれがネガティブな形で証明されてしまったのでした。
しかし、今年もまたまたスロースターター状態になりそうな悪い予感がします。最終的にトーナメントに出ることが出来ればまあそれはそれで良いとして、この余計な緊張感をもたらすような仕事は正直言ってしてほしくないです。
今回特に良くなかったのはフリースロー、、、。本当にがっくりするような失敗数で何と11本。なかでも悲惨だったのはいつもは大活躍するポイントガードのTheusとシューティングガードのWeberがメタメタ。もう「勘弁してくれよ!」というレベルの滅茶苦茶な出来で、久しぶりに見ていて怒り爆発。最後の最後まで見はしましたが、それはハラハラ・ドキドキの点差の攻防であって、内容が良いから最後まで見たというのではなくて、最後の10秒まで「勝てる機会」はあったから見たというゲームでした。
残念。無念。次回はリベンジ頼む。
人気ブログランキングへ

0 件のコメント: