2012年11月1日木曜日

ついにシーズンが始まった

今日は待ちに待ったバスケットボールのエキシビションマッチの日だった。
毎年この日を今日か明日かと待ち兼ねているのだが、今年は例年と違う一年の始まりだ。それはA10(Atlantic10)という去年まで所属していたCAAというカンファとは違う、レベルが格上のカンファに移行したこと。
これはかなりの大出世で、バスケット男子のNCAAファイナルへの出場のための確率が少しだけ上がったのではという気がするんですが、格上のリーグには格上の厳しい格闘戦というものが待ち受けている上に、格上のチームとの対戦履歴もお互いが真っ更であるものがほとんどなので未知の化学反応を見つめているような気分です。
取り敢えず今日は上にも書いたようにエキシビジョンマッチですから、近隣にある弱い相手との腕試し試合のようなもので実際に戦績にも加算されませんが、今年一年を占うという意味では大切なオープニングです。相手のVUU(バージニアユニオン)というのは過去には二人のNBA選手も輩出した所謂「昔は一時強かった」近所の黒人の為の私立大学です。
試合開始からいきなり怒涛のような加点で8-50位まで差が開いた後、こちらも新人をドンドン投入して「テスト」をしたりしてみます。もうほんとに点数など関係なしという感じなのですが、それでも強さの差は殆どイジメのレベルでした。後半は何だか気の毒な感じもしたのですが、いろいろこちらも実践で試してみている感じで、94-44で終了しました。
試合開始直後。去年とは違いコートのRAMSのマークが消され大学の名前が入ってます。
ダサ~!orz
一年坊主だったトロイも今年はシニア、、、俺もオッサンになる訳です。w
人気ブログランキングへ

0 件のコメント: