2012年10月31日水曜日

ハロウィーンの日

ハロウィーンの日が再びやってきました。
今年のハロウィーンは少しだけ冷え込みましたが、震えるほどではありませんでした。
この日になると小さな子供達だけでなく、中学生、時には高校生くらいの子供達?までもが各家庭の軒先へ出現してtrick or treatを連呼してはお菓子をゲットしていく。我が家はもう数年前から三人の子供達が別々に行動して友達の家へ行ってお菓子をゲットすることが普通になっていたので、親として準備するものは精々の所でっかい「ハロウィーンシーズンに特有」のお菓子詰め合わせ袋の封をバシッと切ってでっかいボウルに入れてそれを玄関に置いておき、それを載せてある椅子の部分に" Help Yourself!"と書いておく位です。それでも時々、字の読めない子や親と一緒に来ていない小さな子が間違ってベルを押しますが、それはそれで御愛嬌。嫁さんがにっこり笑顔で出迎えて終わりです。
家によっては全く家にこもって明かりも消してしまい、居留守を使って何もしない家も結構ありますが、そういう寂しいことだけはしないようにしています。まあ、それも家の個別事情によるものなのでしょうが、、、。
それよりも我が家にとって大切なのは家で飼っているヨーキーの方です。実はサウスカロライナ産まれの我が家の飼い犬は誕生日が五年前のハロウィーンでして、この日には少しだけ豪華な餌をあげることにしています。w 今年は嫁さんのチョイスで肉の缶詰の半分をあげたのだそうです。まあ、いつもの味気ないドッグフードからしてみれば、限り無く贅沢なレベルの御馳走だと思いますが、最近は何時も側でうろついて、餌を取り合いになる可能性のある猫の存在のせいで早メシ食いになってしまっており、嫁さんが出した肉を有り得ないほどのガッツキ具合でアッという間に食べてしまったそうです。
まあ、たまには美食倶楽部の門を叩いてもらうのも良いかも知れませんね。
人気ブログランキングへ

0 件のコメント: