2012年9月8日土曜日

新型iPhone(iPhone5?)予想

どうやら今回の新しいiPhone5はこの水曜日に発表されるようですが、今回も事前情報が世界各国、特にアジアを中心とした工場から出てきているのであろう断片的な部品情報の寄せ集めで、全体の製品情報が再構成されているようです。それによると、

  • 画面の大きさが縦長になり
  • バッテリー容量が大きくなり
  • ドック用のコネクターが小型化
  • iOS6搭載
  • ケースはもしかしたらリキッドメタル?
  • LTEへの対応はガチ
  • NFCは対応するかどうか微妙、、、
これぐらいしか無さそうです(十分大きな変化ですが!)。メモリ容量の増大、チップの高速化、ナノシムの搭載なんかを「夢には見る」のですが、多分、今回はそこまでは行かないと思っています。
間違いなくiPad miniの発表は今回ではなく、10月以降のイベント発表会のほうで行われるだろうと思っています。実際はこちらのほうが私自身には興味のある発表なのですが、これは多分新しいテレビか音楽のソフトウェア・サービスとともに発表されるだろうと推測しているのですがどうなることやら。
それよりも下の調査報告のほうが気になりますね。
「TechBargains.com」が1,300人以上を対象として行った調査によると、アップルの「iPhone 5」は、現在のAndroidユーザーの多くを奪うことになりそうだ。 自らをAndroidユーザーと考える回答者の20%以上が、現在使用しているAndroidデヴァイスを放棄して、次期iPhoneに乗り換える計画だと述べている。 また、「BlackBerry」ユーザーのうちの38%も、「iOS」に移行する意向を示している。 さらにアップルは、現行版iPhoneユーザーの多くも当てにすることができそうだ。 「iPhone 4」ユーザーの74%、「iPhone 4S」ユーザーの64%も、iPhone 5に切り替えると答えている。 iPhone 4Sは、アップルが販売した歴代iPhoneのなかでも最も成功した機種だが、今回の調査が正しければ、iPhone 5がその記録を塗り替える可能性がある。
その日を後数日待ってみましょう。
人気ブログランキングへ

0 件のコメント: