2012年8月9日木曜日

王者の風格!!

女子レスリングの小原、伊調、吉田とかもう何か圧倒的すぎてコメントのしようもありません。
特に吉田の強さはもう人間じゃなくて人造人間です。(笑)もうWikiの所に載っている金メダルの並び方、漫画のレベル。これに匹敵する男性と言ったらカレリンくらいですよね。
勝つ、負けるという次元はとうの昔に終了していて、勝つのは判っているけど何秒でどういう勝ち方をするのかということだけが興味の焦点。靭帯三本のうち一本半が切れた状態での試合ですら、「圧倒的」な勝ち方ですからその強さがもう人間としての標準を超えているというのは言い過ぎではないと思いますね。
三歳からレスリングをはじめる女の子とか、やっぱお父さんが全日本チャンプ、二人のお兄さんもレスリング選手、お母さんはテニスで国体選手という体育一家という、言い方は悪いんですけどあの砲丸の室伏一家に通づるレーベンスボルン計画のような世界です。やっぱ神経とか筋肉とかも俺の体のようなガラクタの素材の寄せ集めとは大分違うんだろうな。w
もう一つ飛び抜けて強いのはアメリカの男子バスケ。これもドリームチームの頃とは違い世界からNBAに人材が集まっているだけにそう物凄い大差がついて試合が終了するわけではないけど、今回のはまた別の意味で私には「ドリームチーム」であることには違いない。何が凄いって、試合を観ていて思うのは点差が詰められている時の明らかな手抜き具合と、マジになった時の爆発的加点力の歴然たる差。(笑)なんか、マッドマックスでニトロに点火して加速した時のようにあっという間に点差をつけて勝つことが出来ることを随所で見せつけられると、相手チームも手の施しようがないというような顔をする。まあ、当然か、、、。
人気ブログランキングへ

0 件のコメント: