2012年8月20日月曜日

解ってる人も彼の国には一部居るようで、、、

彼の国のジャーナリズムというのが我が国のジャーナリズム同様死んでいるのは間違いないのですが、見えるべきものが見える人は冷静にその内実を語ることができるようです。ラボで働く数人の韓国人に聞いても、チャンスがあっても自分の国には帰りたくないと答える韓国人がほとんど。それが意味することは下に書いてあるような記述なんでしょうね。
民草から金を絞りとり、サムスンとヒュンダイと財閥のためには何でもありのウォン安誘導。共産主義国家だった旧ルーマニアの飢餓輸出を彷彿とさせるような国家資本主義に未来はありますまい。
しかし、このコラム書いた彼の国の人は、「仕事と命」大丈夫かいな?
【コラム】希望不在の大韓民国  
世界最高の自殺率、伝染病のように広がるうつ病、学級崩壊、増加する性犯罪、大統領府や国会から工事現場の寄宿舎に至るまで漫然としている腐敗や汚職…。このような現状を見て誰かが「韓国社会はアノミー(混沌状態)に陥っている」と判断しても、「違う」と否定する根拠が見いだせない。 韓国社会のアノミー的症状は、手術などですぐに治療可能な急性の症状ではない。
まるで大地震の後、余震が続くかのようにこの20年の間に何度か発生した、国を揺るがす大きな衝撃が、韓国社会や家庭、個人に静かに浸透し、そうして蓄積された膿(うみ)が同時に噴き出した姿だと言いえる。圧縮成長の中で登場した文民政府は、独裁と権威主義を和解させ、この地に民主主義を実現した歴史的な大衝撃だった。しかしその後、韓国社会が迎えたのは成熟した市民意識、責任ある自由、他人に配慮する生活ではなく、自分勝手や秩序破壊、真実を踏みにじる偽りや違法行為だった。アジア通貨危機というもう一つの大衝撃は、貧富の格差や階層間の対立を増大させ、階層上昇のはしごを切り捨て、アノミーの爪をさらに鋭くとがらせた。  
その爪が引っかいた傷は、小さなものから、国の運命を脅かす巨大なものまで、いくつかの形で残った。バスや地下鉄に70‐80代の高齢者が乗ってきても若者たちは見て見ぬふりをし、その代わり50-60代の人が席を立ち、譲るのが当然のように思われるような世の中になった。大学生たちは、頭に付けたヘッドホンから流れるトゲトゲしたロック音楽が隣に座った乗客の神経を逆なでしていることを全く気に留めない。隣人たちは、エレベーターの中であいさつを交わさなくても、もはや不自然に感じなくなった。真夜中や明け方にクラクションを鳴らし、他人の睡眠を妨害する。対向車に道を譲ってもありがとうと笑顔を見せることもない。
子どもたちが先生を殴り、教室が修羅場となっても誰も責任を取ろうとしない。教育の根幹を崩壊させる子どもたちの非倫理的な行為から、大人たちは目をそむけ、耳をふさぎ、時間が過ぎることだけを願っている。過去に類をみない猟奇的な殺人事件の数々は、韓国社会のアノミーが威力を増大させていることを感じさせる。他人に向かう呪いや殺気が、かつて韓国社会に形成されていた線を越えている。人を殺すことだけにとどまらずに遺体をバラバラにし、幼な子に性的暴行を加え、その澄んだ魂まで壊してしまう。もう一つの韓国社会として登場したインターネット上での事実歪曲や人格抹殺が、現実世界での犠牲者を量産している。  
ここまでくれば、韓国社会のアノミーは寿命が尽きる時が来たのではないだろうか。しかしまだ寿命ではないようだ。韓国社会は、さらにもう一つの大衝撃を受けつつある。アジア通貨危機よりもかなり強い世界的な大不況が韓国を襲っている。この衝撃が始まりにすぎないのか、この衝撃が残す災難がどれほど恐ろしいのか分からない状況だ。万が一不動産バブルが崩壊し、各家庭が借金に押しつぶされ、韓国経済が長期不況に陥れば「他人が死ねば自分が生きられる、全てを懸けてあらゆる場所で皆が争う世の中」が来るかもしれない。中産層が崩壊したことで蓄積した葛藤と怒りは、地面の中に残った夢の種までも飲み込み、韓国社会と個人、家庭を攻撃し続けるだろう。  
今、われわれには政治、経済など全ての分野で崩壊してゆく社会を立て直すリーダーも、ロールモデル(手本となる存在)も、メンター(助言者)もいない状態だ。韓国の未来が希望あるものだという強い信念を与えてくれる人物も見当たらない。そのため、さらに希望が見えなくなっている。 
尹泳信(ユン・ヨンシン)社会政策部長 朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
日本と韓国の一番の違いは証拠に則った議論が出来る人の数の圧倒的な差でしょう。だからあの国では時を遡及して法を作り罰するというどこの原始人の国家?みたいなことをこの21世紀でもするわけですね。サイエンスとか法理とか、あの国で育った人っていうのはそういうロジック弱そう。w
人気ブログランキングへ

0 件のコメント: