2012年7月16日月曜日

大津市の中学生自殺事件

大津市で起きたイジメとそれに引き続く中学生の自殺が大きな波紋を呼んでいる。
アメリカにいてもニュース・ソースを開けばこの話で溢れかえっているのだが、火のない所に煙は立たずとは言います。いろんなソースを読んで単純に確実だろうと思われる事実だけを繋ぎあわせても、何だかこのイジメをしていた中学生というのはイジメの範疇を明らかに超えて「恐喝」「自殺教唆」等という少年の犯罪というには余りにもオドロオドロシイ事件のようにしか思えませんね。
更にこの事件の成り行きに関して耳目を集めているのが教育委員会、担任教師、そして極めつけは相手の母親達。何だかネット上では住所、氏名、年齢、職業、親父と母ちゃんの写真、過去の写真等ありとあらゆる物が晒されて叩かれまくってます。まあ、現在の状態は「市中引きずり回しの上、打ち首獄門」になるまで騒ぎが止みそうにないです。良いか悪いかは別として。
一連の騒動を見ていて思うんですけど、、、本当に教育委員会というのは小さな成り上がりの「役立たず」が多いな、という感想。申し訳ないですけど、いろんな所で出会ったこの「教育委員会」という組織に所属する人達を見ての正直な感想です。教育を志して教師になっておきながら現場から離れたところを必死で志向するという行動自体がそもそも教師に向いていないことを如実に示しているとしか私には思えません。その小さな小さな成り上がりの駒の質の開示例が下のビデオ。何という緊張感の無さ、何という応答の質の低さ。忙しく回る口はレベルの低言い訳を探すばかり。こんなのに教えられた生徒たちも可哀想ですね。今までそんな事を考えたことはありませんでしたが、日本で私立の中高が選ばれる理由が何となく解るような気がしました。
人気ブログランキングへ

0 件のコメント: