2012年6月6日水曜日

上の娘の高校の卒業式

今日は10時から上の娘の高校の卒業式だった。
正式には卒業証書(Graduate Diploma) 授与式というのが正式なもの。ここらあたりの高校の卒業式自体は、各高校が時間を区切って大学の体育館を借り切りで数時間ずつ借り、同じ日に三校程度ずつが卒業生を送り出していくものです。娘達は本当に幸せそのもの、みんなが頑張った結果がこの証書に詰まっています。
既に妊娠してお母さんになろうという子達も中には居ましたが、そういう女の子達も含めてみんな、みんな笑顔で一杯でした。
中学で別れて他の高校に行った娘の友達たちも駆けつけてくれて、証書を受け取る瞬間に大きな声を出して景気づけをしてくれていました。
VCUのSiegel centerで行われました。
娘がステップを登りはじめたところです。
全てが終了し皆が帽子を投げあげて卒業を祝っています。
こうやって娘は家から巣立っていくのかと思うと、なんだかジーンと来ました。
アメリカに来たばかりの頃、保育園に連れて行った時「ハロー」も「有難う」も言えなかった小さな娘が、こうやってもう私の知らないことを英語で学び、かつ研究すべく大学に進んでいくのを見ると月日の去っていくのが「飛ぶが如し」というのが正直なところだなと思ってしまいます。
これからいろんなことが人生で起きると思うけど、どんな時にも竹がしなるように柔軟に生きていって欲しいです。
追加メモ:そう言えば、昨日この式場に行く途中にキャンパスでJuvonte Reddicを見ました。家族で盛り上がりました。
人気ブログランキングへ

0 件のコメント: