2012年6月4日月曜日

タイから研究者が来訪

今日から三ヶ月の予定で、タイから女性の研究者が来訪。
既に、何をするかは決定していて今回の滞在中はHPV(ヒトパピローマウイルス)が細胞内で作り出すあるタンパク質群が、細胞内の「ある標的分子」のメチレーションとどういう関係にあるかということを決定する仕事。
偶然にも、自分自身が準備していたこの分子群の安定発現細胞株が数種類セットで揃っていて、彼女の仕事の前半部分はもう終わったようなものだ。(笑)実際彼女も、私が彼女の欲しい細胞群のフルセットを既に持っている事に関してニコニコ顔でして、時差で眠い眠いと言っていたのも吹き飛んだようでした。
彼女だけでなく、私にとっても実にメデタシメデタシのスタートとなりました。
サイエンスには同じ分野の人間が色々と似たことを追求することが当然のようにありますから、こういう事も実際、よく起きるんです。
自分がやろうとしていることを共同研究者のところに行って四方山話で話したら、「その結果はですね~」なんてことはザラ。(笑)この世界では良くある、嘘のようなホントの話です。
人気ブログランキングへ

0 件のコメント: