2012年5月2日水曜日

古くなった携帯電話の電池

自分も嫁さんも太古の昔の電話のようなフリップ式の電話を使っています。
電話自体はどこにいてもとっ捕まる感じが昔からあまり好きでないんですよね。昔から「見たこともないのに」本当の貴族は電話や家の鍵は持たないで済む人間と極め付けてましたので。(笑)(なんで、ここで自分と関係の無い貴族が出てくるのかは不明。)
とりあえず、嫌でも嫁さんに緊急時の連絡用として持たされているチープな四年ほど前の韓国製の電話ですが、ここ一年くらいバッテリーの持ちが異常に悪くなっていました、それとともにバッテリー自身が妙にブモーという感じで膨れ上がってしまい、まるで四角い餅を焼いた時に膨れた感じになってました。最初はまあ、「ほっとけ」少なくとも一回満充電したら一日は持つしなという感じだったんですが、最近は一回通話しただけで、バッテリーのゲージが一個か二個減るようになってきて、ちょっと実用の面でも問題が出てきてました。おまけにこの「餅の膨らみ状態」の為に、裏蓋までうまく閉まらなくなっていたのです。
ベライゾンでこのしょうもないバッテリーを買い求めるとなんと$30もチャージされるので、そんな金は絶対に使いたくありません。そこで、アマゾンで調べると、、、有りました有りました!一個$3.9で、有送料込みです。
嫁さんのも全く同じ症状で死にかけていたので、この値段ならまあ、騙されても我慢できる範囲だなと思い注文してみましたら、待つこと約一週間で家にブツが届きました。
とりあえず、形も何もオンナジですが、、、バッテリーのシールには大量の中国語併記があるではないですか。orz うむ、やられたかな、、、と内心では思いつつも、まずは嫁さんの電話を殺さないように私自身の電話に入れて首実検としました。すると、充電から何からスムースに終了し、翌日も熱くなったり、電話を殺すこともなくバッテリーのゲージも一個も減りませんでしたので、これならまあ、大丈夫でしょうということでもう一台の携帯にもこのバッテリーを適用し、2日経ちましたが、今のところO.K.という状態です。
娘達は高価で先進的なiPhoneで、親は基本的に番号の数字を押すだけの電話を使ってそれでとりあえず問題なしというのは、電話に求める物自体が根本的に違うということですか、、、。
人気ブログランキングへ

0 件のコメント: