2012年4月18日水曜日

学生の教育

教え子であるマスター・コースのインド人の女の子の実験に熱がこもってきた。
非常に良い感じだ。今までの怠け振りが嘘であるかのようによく頑張ってくれるしタイムマネジメントも良い。同僚の日本人の先生のアドバイスを試してみて正にその方法がズバリと当たった。先生のアドバイスは「あの手の学生は何をするかを全部ビッチリ決めてしまったほうがいい」というもので、確かに、教えた後、ある程度任せていた今までの方法よりかは遥かに良くなった。更に改善すベエと言う事で、期日もキッチリ指示の中に組み込むとこれまた実験が加速。
実に別人の様にガンガン働くようになりました。小排気量の中古車にニトロを突っ込んでレッドゾーンまで回している感じとでも言いましょうか。(笑)顔は少しやつれ気味ですが、まだまだ私の年齢のしっかり半分!!どんなに頑張らせても心と体はキッチリとついてきます。若いって本当にこういう点では無理がきいてイイですね!院生の頃の自分を思い出してしまいます。
先生のアドバイス実に的確でした。ある学生には効く方法でも他の学生にはてんで、、、またその逆も、、、。今回は先生に大感謝です。
さて、後は基本的だけど最も大切な実験を三度ずつ繰り返していただいて裏をきっちり固めることだけです。彼女ならきっとやり遂げてくれるでしょう。全ての道筋はこちらでつけました。後はきっちり足を踏み外さぬよう付いて来てくださいね。

人気ブログランキングへ

0 件のコメント: