2012年1月22日日曜日

大勝利!

うーん、タイトルだけ見るとどっかのカルト教団の新聞の表題みたいですが。(笑)
昨日のOld Dominion戦、素晴らしい戦いでした。まさにチームとしての勝利。誰が欠けても勝てなかったし、誰かが飛びぬけて大活躍ということもなかった。(無論、得点上で多く入れた人間はいるのですが。)
アシスト、パス、スティール。前半はなかなかのシーソーゲームで、これはいつもの対ODU戦そのままなのですが、前半終了間際から後半にかけては明らかにギヤが一段、もう一段と上がっていくのが見ていて判るような素晴らしい加点が続きました。
いい感じの加点と言ったら良いのでしょうか追いつかれそうになったら3点、これが相手に続いたら雰囲気が変わるなという時にまた二点、そしてスティールという状態で、まさに嫌な雰囲気を応援団に感じさせない爽快な加点が続きました。いつものようにコーチ・シャカは六人目の選手の如くコート上で蟹走り。(笑)いや、もう、血管も切れよとばかりに叫びまくります。(下に写真あり)
顔が怖い、、、
我々にとって 対ODU戦というのは、日本の大学で言えば早慶戦のような感じ、というより、ライバル以上に全くお互いを憎み合っているとでも言えばよいのでしょうか、それほど強烈な対抗意識があります。(大学の規模や質は我々の完勝ですが!)
今回のシーゲル・センターはCAAの新記録を更に伸ばして13連続の満員御礼となりました。試合開始の7時間前に最初の学生が並び始めたらしいのですが、本当にセンターの周りをとぐろのように学生たちが巻いて極寒の中、辛抱強く待っているのを見て驚きました。これでは負けられんよね。バスケのブログのタイトルにもあるように、彼らは今、この大学のロックスターなのです。
人気ブログランキングへ

0 件のコメント: